engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
あけましておめでとうございます
2009年も、すいれんとパートナー、家族の穏やかな笑顔の中、迎えることができました。みなさま、どんな元旦をお過ごしでしたでしょうか。

ささやかな幸福を感謝する家庭の窓からちょっと外を覗いてみると、世界は解決の糸口のみつからない積み重なった歴史の重みにゆっくりとあえいでいるようにも感じます。
見通しの良い縁起をかついで酢蓮を美味しくいただいても、我が家はもともとどこへ続くかわからない道なき道を進む旅芸人。不況好況にも縁遠いとはいえ、隣人も、環境も、社会も、地球の裏側をめぐって網の目のように繋がりあって、ゆっくりと波打っていることを感じるこの頃です。
目下、0歳にして小さな社会デビューするすいれん(わたしの育休終了のため、日中は保育室で過ごしてもらうことになりました)と自分自身の心身メンテナンスに私の神経は集中しているのではありますが、わたしたちをとりまく環境をゆっくりと見回すことも忘れずに過ごしたい。ちいさな人は、全身で喜びや悲しみを表現しながら、彼らに何十年も先に続くべき未来があることを教えてくれるように思います。すいれんや、その仲間たちと遊びながら、遠くを見ながらも今できる最善のことを選択してゆきたいと改めて実感する時です。
あくなき好奇心は自分自身が生きてゆくために。今日も産まれつつある新しい仲間たちのためにも、繋がりあう掌とそのもう一歩先の掌を想像することを忘れずに。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
by book-tokyo | 2009-01-02 09:18 | 呟き
<< そばうち そして続く・・・ >>