engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
感動的なまでの微妙な曲線
守られるべく、可愛らしさを備えた赤ちゃんならではの曲線で囲まれたフォルム。関節でくびれるものの、はちきれんばかりのムチムチした手足は、触ってみると案外と弾力があります。それと同じ感触で、例えようもないのがほっぺた。最近は、スリムな赤ちゃんが増えているとかいないとか。確かに街や検診で見かける赤ちゃんは、ほっそり、顔も小さくて、頬もすっきりしている子が多かったようにも思います。幸か不幸か、スイレンは典型的な赤ちゃん体型。絵本に出てくるような、レタス人形のようなフォルムです。この今にもおっこちそうなほっぺたも、触ってみるとお餅どころでなくゴム鞠のような弾力。ひんやりとして、触覚が消えてしまいそうな透き通った・・・不思議な感触なのです。こればかりは、なかなか人工的に創造できないのではないかと思います。
可愛らしいから、この感触を心地よく感じるのか、心地よい感触を持っているから、可愛らしく感じるのか、まじまじと飽きずに眺めて時間が経ってしまいます。感動的なまでの微妙な曲線_d0020310_20305132.jpg
by book-tokyo | 2008-05-16 20:32 | カウントダウン
<< にほんひきがえる 検診&予防接種 十人十色 >>