ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
葛藤を抱え込む曖昧さ
最近、取り組みつつあるテーマのために、発生学と再生学なるまるで未知だったジャンルの研究に関する研究写真や文章を見読しています。
発生学や再生学については、私は説明ができるものではないので、関連サイトなどをご覧いただくとして(http://www.cdb.riken.jp/jp/・・・理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター)、生命や胚発生の過程のメカニズムなど解明に関する資料を眺めているうちに、この人間の持つ飽くなき好奇心に驚くと共に、少なからず畏れを感じました。明らかにしたいという欲求は、artにもscienceにも共通したものではないでしょうか。それが地球全体にとって、有益なのか害なのか、それを考えるのは哲学や倫理学であると考えてみると、葛藤を糧にすることもできる。
コンピュータ言語の開発、原子力、遺伝子解明・・・脳科学や再生学にまで至ると、同一人物の中で、科学への忠誠と実生活や未来をどのように調和してゆけるのだろうかと、思いを馳せています。
artは、葛藤を抱え込み、曖昧さをそのまま目に見えるかたちにすることができる可能性を持っていると思うのです。昨日まで気づかなかったことを明らかにし、それを観る人が曖昧な中から様々な夢や希望(その反対も)をみつけることを願うこと。
科学が、わたしたちの生命や地球の仕組みを明らかにしてゆくにつれ、曖昧さや不可思議な魅力に心身をゆだねる楽しみについて、私たちは自覚できるようになるかもしれません。
by book-tokyo | 2005-05-31 02:09 | in art in science
<< 戦争とメディア研究会 独り立ち鶯・森の匂い >>