engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
うちくい展 <オトコゴノミ>
うちくい展 <オトコゴノミ> 東京やってくる

織・染・布関連、おすすめ企画のお知らせです。
憧れのひと小田令子さん企画の「うちくい展」第三回目がじきに開催されます。刷新されたホームページも充実して、ますます魅力的な企画に育ってきた感があります。

薄暗い灯りの中グラスを片手に、夜はよい感じ(笑)になって饒舌になる小田さん、昼間は優しくてクールな切れ者、別人のようにまた格好いいひとなのです(笑)私を沖縄・八重山に導くきっかけをくださった方でもあります。沖縄に点在する若手作家を訪ね、作品や作り手を市場とその先に結びつけることで支援&育ててゆこうという活動に、色々な意味で刺激を受けています。今回は、着尺やグッズ販売だけでなく、仕立て師の方をお迎えしてお話会の企画やワークショップもあるそう。

うちくいというのは沖縄の方言で「ふろしき」。「うちくい」というとより深い意味もあるそうです。
「かつて八重山地方では、花嫁は嫁ぐ日のウェディングベールとして、深い藍地に白く九つと八つの絣を染め抜いた「ヒジリウチクイ(フズリウッパイ)」を織り、それは一生涯、祭りの日や特別な日のかぶりものとして大切に使われました。人頭税としての貢納布を織る日々に追われた女達にとって、家族のために、自分のために布を織るという行為がどれだけ大変な事であったか。素材と時間をやりくりして一心に織られた布は「祈りの布」と言えましょう。」(うちくい展HP)

ぬぬぬパナパナは、やはり方言で「布のはしばし」という意味。

今回展示会場になる「ラミュゼ de ケヤキ」は新宿御苑に隣接する私邸をイベントがある時には開放している素敵なところ。庭に大きなケヤキの樹があります。オーナーは「男と女」主演や歌手&映画監督で知られるピエール・バルー(私はファンです)の奥様である知的なマダムです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ぬぬぬパナパナHP
http://nunupana.com/uchikui/future/


2008年春、第3回目となる「うちくい展」を開催いたします。
今回は「オトコゴノミ」と題し、沖縄を中心とした各地の若手作家による、男女共に着られるユニセックスでシックな大人のための着尺を展示、販売します。また「作る・縫う・着る」をキーワードに、つくり手と消費者を直接繋ぐ試みとして、仕立て師・山本秀司氏を迎えます。さらに着尺の他にも、キモノのための小物やうちくい、八重山藍による染色作品、アジア綿などの自然素材を活かしたグッズも数多く揃います。

関連イベントとして、山本秀司氏による仕立てにまつわる興味深いお話、高橋裕博氏の素材やキモノのお手入れのお話と実演。そして富山弘基氏には、着物ができ上がるまでの様々な工程を沖縄と京都を比較してご講演いただきます。また毎回人気を集める恒例の、出展作家による「素材ワークショップ」では、竹富島の島仲由美子氏による芭蕉の繊維採りなど、キモノファン必見のプログラムが目白押しです。
楽しく深い「うちくい展 オトコゴノミ」、どうぞご期待下さい!

※詳細は本ページにて随時ご紹介いたします。

◎スケジュール
【東京展】
期間:2008年4月10日(木)~13日(日)
時間:11:00~20:00
会場:ラミュゼ de ケヤキ(東京都新宿区内藤町1-6)
地図:http://nunupana.com/uchikui/keyaki/map.html
入場無料

◎出展予定作家
与那国島 染織:つのだれいこ、長浜徳美
西表島 染織:紅露工房(石垣昭子・森田美幸)、亀田恭子、呼子先、永谷昌子、安本千夏
竹富島 染織:島仲由美子
石垣島 染織:森 伸子、からん工房(深石美穂)、滝沢 都、上原久美、高階 章、大浜 豪/焼き物(東京展のみ):宮良 断、宮良ゆうな
宮古島 染織:上原則子
多良間島 染織:西筋ヒデ、浜川史江
沖縄本島 染織:大城拓也+原 千絵、白井 仁、近岡恵子、平山ふさえ、平澤美和子/家具(東京展のみ):木創舎(城間光雄)
九州 染織:荒木美加、山恵
京都 染織:高橋裕博、平林久美
東京・横浜 染織:西川晴恵、吉田美保子/和裁:山本秀司

◎イベント情報
詳細は以下のPDFファイルをご覧下さい。
変更があり次第、このPDFファイルを更新いたします。
og_event_080206.pdf

主催:ぬぬぬパナパナ
企画:小田令子
フライヤー編集・制作:江副直樹
フライヤーデザイン:岩下建作
協賛:鍵善良房、下村ねん糸、やいま中央クリニック
後援:八重山毎日新聞社

◎問合せ
〒561-0084 大阪府豊中市岡町北1-12-45
Tel: 080-1723-9071(小田)
Fax: 06-6852-1156(小田)
E-Mail: info@nunupana.com

*案内状送付をご希望の方はお名前とご住所をiinfo@nunupana.comまで
↓フライヤーデザインが、また格好良い(うちくいHPより)うちくい展 <オトコゴノミ> _d0020310_22183181.jpg
by book-tokyo | 2008-03-16 22:25 | design&...
<< 日本的なる何か〜社会の鏡 1ヶ月まるまるずっしり >>