ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ガムラン音楽体験講座のお知らせ
NPO法人ISTA主催のワークショップお知らせです。
実は、23日(明後日!)なので、急ですがとても面白そうです。

インドネシアの民族音楽ガムラン音楽をただ聴く(ただで聴く)だけでなく、実際に楽器に触って、音をだして、さらに楽員といっしょに即興で演奏できるまでに指導してくれるそうです。ジャワの古典舞踊あり、歌あり、です。

埼玉の朝霞ではありますが、演奏会だけでなく楽器を触れる機会はなかなかないため、興味のある方は是非!

「ガムラン音楽を聴いてみよう!演奏を体験してみよう!」
12月23日(日)

朝霞市中央公民館3Fホール

http://www.enjoytokyo.jp/OD003Detail.html?SPOT_ID=l_00010693
午後2時〜3時
入場料無料
演奏&指導 ガムラングループ・ランバンサリ楽団
ガムラングループ・ランバンサリ楽団
http://www.lambangsari.com

ジャワ古典舞踊
小島夕季
http://www.h5.dion.ne.jp/~melati/


詳細は下記チラシPDFデータ
チラシ表面
http://www.npo-ista.org/omote_3.pdf
チラシ裏面
http://www.npo-ista.org/ura_3.pdf
by book-tokyo | 2007-12-21 11:17 | in art in science
<< しわす・ダブルカウントダウン 曼珠沙華 >>