engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
9月3日、ギャラリートークいたします
早いもので、8月ももうすぐ終わり。
今年の夏は尋常でない暑さで、先週早々にエアコンの無い我が家での制作についにギブアップしました。汗も乾いてしまうほどのけだるい暑さの中、日中は気がつくと眠ってしまうのです・・。遠くなった意識に『ベニスに死す』(映画です)の主人公が浜辺でぐったりしている光景が思い浮かんでしまうほど。
ギリシャでは山火事が多発しているとか・・。恵みの雨が待ち遠しいですね。

ギャラリートークのお知らせです。

「森を抜けて」ギャラリートーク
9月3日、17時から18時30分頃まで
art space Kimura ASK? ギャラリーにて。
展覧会詳細はブログ下記展覧会のお知らせにも記載しております。

高木隆司氏(神戸芸術工科大学教授)
石垣健氏(arsnote lab. COMA CRAFT)
佐賀一郎氏(女子美術大学大学院)
坪谷彩子
他...

アーティストにとってのサイエンティスト的視点、サイエンスとは。アートやデザインはコンピュータやサイエンス的視点をどのように扱えるのか。「アートとサイエンスの融合」といったフレーズを最近耳にする機会が増えましたが、いったい・・・。

高木隆司氏個展『サイエンスからアートへ』展や、Arsnote Lab.の石垣健氏を中心に取り組んだ『RIKEN Art&SCIENCE展』(2005年 神戸国際会議場)を紹介しつつ、タイポグラフィやデザイン研究者で活版印刷技術を「造形と自然との間に、サイエンティフィックな関係が成り立っていたのではないか」と考える佐賀さんを交えて、個人的にはアナログ人間の私がどうしてここにいるのかの疑問も探りたい・・。
結論を導くのではなく、それぞれの次に繋がる機会になれば良いな・・と思います。
デザインやアートに関わる、関心のあるみなさまやコンピュータを使っているものの、晴れない(?)疑問を持つ学生のみなさま、お気軽にご参加くださいませ。

ギャラリートークのあとは、そのまま20時までオープニングとしてギャラリーを開けていただけることになりました。ぜひお立ち寄りください。

それでは、どうぞよろしくお願い申し上げます。
by book-tokyo | 2007-08-25 16:50 | art&...
<< 展示終了・ありがとうございました 多摩川花火 >>