engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
朗文堂さん
ついに、アダナ・プレス倶楽部へ足を踏み入れてしまいました。
深い深い海だと思いながら、ついに・・・。なんて、浜辺で湿った砂を素足でなぞった程度と言えるのでしょう操作指導教室を体験してきました。
そして活字印刷の世界は広く深く、過去に果てある知の歴史で、知れば知るほどに、あぁ、これは「遠巻きに憧れているのが良い」と思うのでした。(たくさんの知に敬意を表して・・・)
アダナ・プレス倶楽部のAdana-21J操作指導教室というのは、1970 年代の初頭にイギリスから輸入された Adana Eight-Fiveをモデルにして復刻されたAdana-21Jの操作を体験しましょうという主旨で、タイポグラフィ関連の書籍やデジタルフォント販売、研究では言わずもしれた 朗文堂さんが始められた教室です。もちろん復刻販売元は朗文堂さんです。いわゆるプラテン印刷機、これは平らな刷版に、印刷用紙を平面で押圧するタイプの印刷機の総称です。Adana-21Jもそのひとつで蝶番式に二枚貝のように版と用紙面が開き、ぎゅーっと押して印刷します。ホットトーストのような感じです。大学の工房で一通り我流で楽しみ、イギリス製Adanaを探していた私は、復刻Adana-21Jをすでに3ヶ月ほどの間も購入を迷っていました。体験教室で、改めて久しぶりにインクの匂いや艶のある黒色印刷を見ることができ、決心がつきました。
この油特有の匂い、しっとりとしたぬばたま色の印刷面、それにへっこんでいないのに、吸い込まれるような印圧は、ことばにしようがありません・・。いいですね。
活字製造や活字印刷は急速に産業から消えつつありますが、けれども最近は若い世代の研究者や職人さんの中で細々とでもその灯火を守ろうとする動きが活発だそうです。朗文堂さんも、そのリーダー的役割を担っていらっしゃるのかもしれません。素晴らしいです。
春に、店じまいをしてしまう活字屋さんを見に行ったばかりだったので、教室に参加されていた3人の女性の積極的な様子や朗文堂さんの熱い情熱を感じ、なぜだかほっといたしました。
銀座の中村活字さん、樹脂凸版や亜鉛凸版の製造をされている真映社さん、そのほか様々な職人さんがまだ(というのか、これからの若い世代の方々で)元気です。
新しいAdanaを手に入れることができたら、ふむふむ、何をしようかと胸躍ります。
by book-tokyo | 2007-07-29 23:05 | design&...
<< ペルセウス座流星群 久しぶりの雑木林散歩 >>