engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
Mac Power
Mac Powerの表紙が変わりましたね。
って、今頃、目に入ったというばかりなのですが・・・。

表紙・・・何かすっきり、今風になったと思いきや、佐藤可士和さんの写真とディレクションでした。「今風」のエッセンスを感じさせるというのは、デザイナーとして大切な感性なのでしょうか。ちょっと先。あんまり先ではない。あ、いいなと今感じる、そのタイミング。
繋がっている感じ。
カラー風景の場合、少しペールトーン、遠近感がなく拡散光気味、そして水平もしくは垂直な構成の線。
誰がはじめたのかまでは記憶にないのですが、最近続いている今風な感じの印象です。
個人的には、モランディ風と名付けてみました。
「去年マリエンバードへ」や、広重の「日本橋」のような一点透視図的な構図が、古いけれど新鮮にも感じるこのごろです。

Mac Powerは、誌面のデザインも記事の内容、クローズアップされている人物までも、ちょっと対象ユーザを見直したような、印象です。エディトリアルもすっきりと、白っぽい。
内容は、プロダクトデザイン方面の記事も多く、和菓子や香水瓶の特集など。Change Your MusicLife with iPodということで小西康陽やTei TOWAの記事も。
Macについてさらなる情報を知りたい人は、何もパソコンヘビーユーザや機械好きばかりではなく、Macをデザインツールや脳みその機能拡張として使っているクリエータも多くなっている現状にようやく追いついた・・・?それともそのようなユーザを読者として迎えたいというコンセプトによるリニューアルかしら。
いづれにしても、Macが重要な仲立ちになっているのは、クリエーターとヒト、モノやコトであることは確かなので、機能や性能テスト、新製品情報満載だったMac Powerの変身ぶりは、そう悪くはないのではないのかしら、と感じています。
でも、クリエータの仕事着:デニム特集は、どうなのかしら(笑)
by book-tokyo | 2005-05-11 23:12 | design&...
<< 岸辺のふたり COFFEE&CIGARETT... >>