人気ブログランキング |

ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ようやく・・
8月30日次世代フォーラム、行ってきました。
もう約半月絶ってしまいました。
なぜかしばらくコメントすることができず、時間が経ちました。フォーラムの開催をお知らせするブログやテキストサイトは多くみられましたが、開催後に取り上げている記事はあまり見かけないようです。
鳴り物入りで、などと私も書いたものの、予想通りというのか、予想以上というのか・・・。
フォーラムやパネルディスカッションは打ち上げられた花火のように思えることが多いのは、私だけでしょうか。
10年計画で、これから科学や芸術、技術に関わる人々が交わる機会を改めて考えてゆくとのことですが、所詮は個人的な活動に期待しているのではないかな?と感じる。
パネリストたちの発言も、普段日常会話でわたしたちが「どうする?」と頭を抱えている内容をおさらいしてみたに過ぎないような内容で、自己紹介で終わってしまった。
と、振り返って、自分自身は何を期待していたのだろう・・・と逆に考えてしまったのでした。つまるところ、学者や行政や資本家が集まってかけ離れてしまった科学と芸術をどうやって融合しましょうなんて舞台の上で話し合う様子を見て。
と、しばらく何か憂鬱な気分になっていました。
そよ風はどんどんと透明になって、カーディガンの季節。
そろそろこの気分も整理して仕舞おう・・・。
by book-tokyo | 2006-09-18 17:41 | 呟き
<< それで?それから? アート&テクノロジー&サイエン... >>