engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
COFFEE&CIGARETTES Vol1
念願のジム・ジャームッシュ監督「コーヒー&シガレット」を観ました。
http://coffee-c.com/index.html

ウルトラ個人的な感想
1.
小さな至宝。私にとって映画が存在する意味を、パーフェクトに近く体現したような、そんな一本でした。つまり、ありふれた日常、多様な生活がそのまま写されたような脚本。フィクションに、演じる者のノンフィクションが混ざり合う演出。そして、あまりにも新奇性のないストーリーを映画という感動に昇華することのできる登場人物たち。もちろん、光の美しさは言うまでもないし、構図の楽しさも堪能できました。
ジャームッシュの観察力そのものというより、彼の持っている、目を向けようとする事物への愛情と優しさに、改めて驚嘆しました。
2.
[NO PROBLEM]
ALEX DESCAS+ISAACH DE BANKOLE

電話で呼び出された男。呼び出した男。
久々の邂逅。
これといって語り出さない男に、呼び出された男はいらだつ。
「何かあるから話をしたい」vs「何もなくても話をしたい」

「何か話したいことがあるだろう?」と心配する、呼び出された男。
「何もない、NO PROBLEMだ」と言い続けたあげくに苛立つ、呼び出した男。よくある会話。

とはいえ、「何もなくても話がしたいからコーヒーでも飲もう」という思いつきこそが、東京の生活の中で過ごしていると、実に優雅。恋もない、ご馳走もない、相談事もない、ニュースもない。それでも「お茶しよう」最高。

[JACK SHOWS MEG HIS TESLA COIL]
MEG WHITE +JACK WHITE

一番のお気に入りのドラマ。
コーヒーを飲む恋人同士。
何かに夢中になって好きな人に話したい、教えてあげたい男と、それを知りながらふと彼の期待をよけて一歩身を引く女。話したいことをいつでも聞いてくれるのは母親だから。
とはいえ、擬似母親的つまり母性?は、ふたりの場を取り戻すために心変わりする。その微妙な女の心境が、ほんの一言二言の台詞で表現される、う〜ん、凄い。

Vol2は後日

image:[JACK SHOWS MEG HIS TESLA COIL]COFFEE&CIGARETTES Vol1_d0020310_1101971.jpg
by book-tokyo | 2005-04-30 11:44 | workshop
<< 月桂樹のもとで マクラメ2 >>