engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
グループ展のお知らせ
あれよあれよという間に、もう6月もなかばとなってしまいました。
こんな間際になってしまいましたが、展覧会のお知らせです。
下記のような展示に参加します。
広報が中途半端な状態で、ギャラリーのサイトをみても、詳細は記載されていません。
とはいえ、ひとまず、展示参加します。
日頃インクジェットプリンターで出力、最終的な作品を制作できるようになって、制作の幅が広がったことを、改めて捉えなおしてみようと思っています。
15名の参加者があるのですが、どんな作品が出品されるのかは知りません。また詳細を書きたいと思います。


■2006 Active Arts Exhibition 1
ピエゾグラフ展
2006.6.19.mon.〜6.24.sat.
11:00〜19:00※最終日17:00まで
アートスペース羅針盤
〒104-0031 東京都 中央区 京橋 3-5-3 京栄ビル2F
TEL&FAX 03-3538-0160
http://rashin.net/garoinfo.html
ピエゾグラフを活用し、原画をもとにピエゾグラフ版画を制作するだけでなく、あらゆるジャンルの方々に日頃の成果をピエゾグラフ版画として発表していただこうという企画です。このたびは、セイコーエプソンクリエイティブイメージングセンターピエゾグラフラボラトリー、株式会社PCM竹尾後援のもと、アートスペース羅針盤のご理解を得ての、開催です。グループ展のお知らせ_d0020310_1044773.jpgグループ展のお知らせ_d0020310_10442160.jpg
by book-tokyo | 2006-06-14 00:00 | works
<< ピエゾグラフ展  原論なのかもしれません >>