engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
ペーパーショー
某紙商社の展示会に行ってきました。
毎年、今時のクリエータが試みる、心ときめくDMは、素直に嬉しいものです。
なかには、経費を掛けすぎている、大袈裟で派手だとのご指摘も少なくないと聞いたこともありますが、小さなたよりや、カードにこめられた実験は、多くの人の心を動かすのではないかと思うのです。
ではありますが、今年の展示会は、去年の展示会にうぅん・・・・と感じたのと同様に微妙な感想。特に日本の業界を代表する代理店やデザイン事務所によるインスタレーションは、資材の無駄遣いなのでは・・・と胸痛む軽々しいコンセプトやバブル(過去の表現ですが)な印象。
その中でも、GKデザインのクリエータ2人による提案は、救いでした。
紙の使い方、スライスされた紙の重ねによる角柱に隠れる文字やイメージ、光の使い方etc..
楽しめました。
今年もたくさんの人出でしたが、みなさんいかがだったでしょうか。

一方、地味ではありますが、特殊印刷や加工などをテーマに、クリエータと印刷会社の職人・クリエータがペアとなっての試みを見せる展示は、私には興味深いものでした。
印刷というのは、産業革命以後、機械による量産体制に含まれていった工業と言えると思うのですが、箔押し、エンボス、偏光インクやシルクスクリーンなどの技法は、未だに人為的な創意工夫によるものでしょう。
クリエータも、我が儘を言うだけではなく、技術とアイデアの上手な落としどころを知っているクールな目を持つひとは、面白い提案ができているのではないかしらん、と感じました。

それにしても、人が、人の、実に貪欲な好奇心を満足させるべく力の源は、どこにあるのでしょう。脳生理学がどんなに発達しても、こればっかりは解らない?
by book-tokyo | 2005-04-20 03:17 | design&...
<< まくらめの魅惑 愛らしい、小さいもの >>