engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
10. プライベートハウス
事前事後の情報から、サラエボのプライベートハウス(ルーム)についても善し悪しがあるようです。早朝のバスステーション、マルクが無い!と焦ったお手洗いから戻ってくると(注・国境を越える国際バスの発着ステーションですが、両替所はありません。コインのいるお手洗いなどはユーロが使えるところもありますが・・・)、ポエット氏(パートナーT氏のことです)の横には笑顔のボスニア人(正確にはわかりません)が。あとから考えると、少々話が通じていなかった部分多しの状況でしたが、彼女Ms.Iの話を信じて(日本人の滞在客が多く、彼女自身も日本人が大好きだという)宿泊することに決めました。
折からサラエボのトラムもバスも「スト」に入っており(その日からあくる日いっぱい)、街の中心から少し離れたMs.Iのお部屋へタクシーで移動。行く先はかつてボスニア紛争時代、セルビア軍とボスニア軍がせめぎあった最前線に近い、集合住宅や小さな家のたくさん並んだ丘の上の団地。5階にある部屋まで重い荷物を運び上げ(エレベータはもちろんありません)ほっとひといきつくものの、寒い。
T氏いわく「紛争時代」に使用されていただろう薪木ストーブが部屋の片隅にあるものの、薪木はなくひっそりしていました。Ms.Iは床に大きな薄いマットレスをボンと敷くと、毛布を広げて仮眠をすすめ、鍵を外から締めて買い出しに外出してしまったのでした。鍵がひとつしかないから、というもののT氏はすでにいらいらと落ち着かない様子。これは信じるしかないと、部屋や家の中をひとしきり観察してから毛布にくるまって仮眠。(すでにサバイバルですね(笑))ちなみに、2K+Bの住居にはほとんど家具はなく、小さなベットとダブルのマットレス1枚、そして簡素なソファ。脚付きのテレビは懐かしいデザイン。薄い毛布にくるまりながら今夜は凍えてしまうのではないかしら・・・とひそかに心配したのでした。
Phot:ブリキの薪ストーブ。2段になっていて、上はパンやスープを温めることができるよう。10. プライベートハウス_d0020310_2181129.jpg
by book-tokyo | 2006-03-11 21:08 |
<< おまけ・青空市場 9. いよよサラエボへ >>