engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
3.BEG〜昼間の街2
3.BEG〜昼間の街2
さてさて、目抜き通りミハイロヴァ通りに面して画廊がいくつかあり、裏通りに入ると小さなギャラリーがぽつぽつと。ペインティングが多く、全体的には保守的な印象。ただ、老若男女が画廊を出入りしてる様子を見ていると、「絵を観る」という文化は、東京の銀座より以上に日常的なのかしら・・・そんな風に感じました。
ただ、度重なる戦争の元となる民族のせめぎ合いは、美術表現にも大きな影響を落としているだろうと思われ、わたしたちが観た絵の多くも、「歴史を読む・記憶する」ための表現が多いように感じました。輝くような美しい大河やベオグラード(白い街)の名の通り白く霞む大気に包まれた自然より以上に宗教や民族といった人間に引き寄せられた葛藤や矛盾が、表現の原動力となっているだろうと思われますが、短い滞在期間では、それ以上踏み込んだところへはたどり着けませんでした。1999年から数度NATO軍によって空爆されたユーゴスラビア連邦国防省・軍参謀本部ビルは、まったくそのまま。簡単な囲いの前の通りは、綺麗に舗装するのか工事中で、たくさんの人が行き交っていました。
Phot:空爆されたユーゴスラビア連邦国防省・軍参謀本部ビル
3.BEG〜昼間の街2_d0020310_21443737.jpg
by book-tokyo | 2006-03-01 21:35 |
<< 4.ベオグラード・不可思議なノイズ 2.BEG〜昼間の街1 >>