engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
Skype
ようやく、展覧会搬入当日。往生際の悪い私は、ぎりぎりまであれこれ作業をしてしまいます。パートナーのT氏も、業者さんの手違いから、再び暗室へ。
日が沈んでからスイッチを切り替え、制作・作業開始の身にとっては、日頃のアイデアや試行錯誤が頼り。今回は、つくづく手が動く感覚を実感しました。頭が真っ白になって、すべての身体機能が停止?!という状態と、さくさく手が動く状態の繰り返しは、まるで躁鬱サイクルが超短波でやってくるようです。
そんな時には、没コミュニケーションになりがち。ブログもすっかり停止(笑)してしまいました。
SkypeやMail、チャットなど、みなさん活用されていますか?Skypeはインターネット電話+YahooチャットやMSNの機能の一部が加わったようなものですが、ネットにアクセスした世界中どんな人とも登録をすればリアルタイムに会話ができる、とっても便利な機能。先日、海外出張先のT氏とも、壁一枚隔てて話しているような感覚でリアルタイムに会話ができました。移動時間の少ない時のミーティングも、Skypeに助けられたこと多し!一段落したら、もう少し面白い使い方を模索してみようと思っています。みなさんはどんな使い方をしているでしょう?ブログやネット、こんな山奥に住んでいても(いるからこそ?)利用価値が高いです。もちろん、それ以上に身体感覚が大切、双方がバランス良く充実すると良いなと思います。
美術畑出身者にもわかるセミナー(笑)面白そうです。
〈メディアの多様性〉セミナー第2回『ブログって何?』
講演者:ヤマザキミノリ教授(メディアアート学科)・美術館長
日時 :2005/12/20(火) 16:40~17:30(予定)
場所 :女子美術大学相模原キャンパス224教室(2号館2階)
http://www.joshibi.ac.jp/cgi-bin/cc/list.cgi?m=1&k=2&r=#no63
by book-tokyo | 2005-12-17 03:32 | 呟き
<< 本年もよろしくお願いいたします。 粒の集まり+陰影の感覚 >>