engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
踊っている色を留めること+版
プリント、構成とばかり考えているうちに、日々は経ってしまいました。
もう、12月なのですね。
街は華やいできましたが、山里は何も変わることなく、毎日紅葉の雨が続いています。ある日シロマクキネマ(たびたび登場する、映画倶楽部のなまえです)のみんなとパーティをした時のアイデアは、面白かった。サテンの大きな布を2枚距離をおいて天井からつったスクリーンに、映像を投影したものを裏から観ました。作家には叱られそうですが、映像も字幕も逆さまになるし、これがなかなかミラクル空間を作ったので驚きました。サテンに反射してなお突き抜ける光は、そのまま部屋の壁に投影されますが、それが小さな空間全体を青い光で満たすようでした。写真は「ピーターラビット」。壁に映っているのは、大きなはりねずみです。帽子や洋服から針が突き出している様子がシュールですが、なかなかユニークな映像。イギリスのロイヤルバレー団員が着ぐるみを着て優雅に踊ること、延々と90分。片手の指では足りないほど何度も観ているお気に入りです。
と、サテンとサテンの間にたまっている光が、版に固定される前の絵の具に見えてきました。踊るような色を、紙や布などの媒体に落ち着かせるのが、プリンティングの面白さのように感じています。
踊っている色を留めること+版_d0020310_19455931.jpg
by book-tokyo | 2005-12-08 19:46 | art&...
<< 2人展をします Art&Science展無事終... >>