engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
精興社を見学してきました
以前から、いつか見学してみたいと思っていた東青梅にある精興社という印刷工場に、ついに行ってきました。青梅のあたりでは、比較的開けた住宅やオフィスのある町並みを抜けて、自動車道から少し入ると、軒の低い工場が中庭を囲むように並んだ印刷所が現れました。今はもう使われていない活版印刷工場は、木造の2層つくりで、活気のあったころの面影が重なって、何故だか視線が注がれたまま、しばらく動くことができませんでした。

今回は、現役で、高度な技術力とプロの仕事が生きているオフセット印刷のプロセスをひととおり見ました。
一時期、集中して石版画の勉強をしたので、オフセット印刷というと少し軽薄な機械刷りのイメージがありましたが、やがてデジタル印刷やプリンター出力に移行してゆくだろうと予想すると、今きちんと見ておかないといけないぞ、という気持ちがありました。実際、デジタル製版にしても、オフセット機の扱いに関しても、「ヒトの手と目」が精度の高い印刷物を産み出すのには決定的な要素だと実感しました。

若い新入りの方のために、マニュアルを作ったり、点検項目を作成したりと、徹底した管理をされている様子が見られましたが、何よりも、機械の仕組みを熟知して、微妙な色味や濃さなどにも敏感である現場の熟練した目に感動しました。

詳細は、近々、book-tokyoサイトの中に「プリンティング」というページを作ってまとめたいと思っています。(なかなかできないのですが・・・)

心残りは、今は閉鎖されてしまっている活版印刷工場を見ることができなかったこと・・・。いつか、消えてしまう前にきっと脳裏に焼き付けに、再会できるチャンスを願って!
by book-tokyo | 2005-09-11 00:31 | design&...
<< 直球か?魔法の玉か? 単純な強さと、複雑な弱さ >>