ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
『カスティリオーニの教室』
新宿の森の畔の「ラ・ケヤキ」にて、すてきなワークショップのお知らせが届きました。
アッキレ・カスティリオーニの仕事は、ほんの一部しか知らない(勉強不足)のですが、半ば人生の師。近くて遠いこの天才への憧れは学生時代に初めて彼のアイデアスケッチを観てから変わりません。
そのカスティリオーニに、尊敬する西村佳哲さんがインタビューされたなんて、凄いことではないか。日本にカスティリオーニを紹介し続けていた多木陽介さんのワークショップと、西村×多木さんのトークセッションなんて・・・。
ぜひ駆けつけたいものです。今月は後半に穂高でのWSにも参加予定なので、自制しますが・・・。

まだ申し込みができるようですね。
デザインに興味をお持ちの学生さん、カスティリオーニ的物の観察、その視点に惹き寄せられているどなたにもおすすめしたくて、つい投稿しました。

ぜひ下記リンクをクリックしてご覧ください!
Living World(西村佳哲さん+西村たりほさんHP)記事から・・・
「前半は多木さんを中心に約3時間、「カスティリオーニ流の〝物の観察ワークショップ〟」を。
十数年前、僕は取材でカスティリオーニのスタジオを訪ねました。多木さんは通訳。二人ともカスティリオーニに直に会うのは初めて。で、インタビューそっちのけで始まった彼の講義が、とてつもなく面白かった。このプログラムはそこに端緒を持つものです。
夕食(各自持参)を挟み、つづいて後半は僕と多木さんのトークセッションを中心に、「僕たちの先生」というようなテーマで。」

「カスティリオーニの教室」
http://www.livingworld.net/121020w_taki/
by book-tokyo | 2012-10-11 13:50 | in art in science
<< Josef Sudek「Sti... 日比谷カレッジ「植物の美を読み... >>