engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
稔れば実るほどこうべをたれる
赤米やキビもふくらと、さつまいもやさといものつるも色づきました。柿の葉と実の色が同化してゆく様子を、こんなにじっくりとみた秋は生まれて初めてのように思います。子どもと過ごす季節の移ろいが、これまでのものとまた違って見えるのは不思議なことです。
刈り取りが始まり、しばらく天日干しされていた稲穂も、今日は回収されているたんぼがありました。収穫の遅い稲はまだ金色のまま、稲穂はずっしりとこうべをたれています。稔れば実るほど大地に礼をする稲穂の美しさを、今年もしっかりと受け止めることができました。うっとりと、ややぼんやりと物思いしながらたたずむ私をよそ目に、すいれんは錆びたドラム缶を狂ったようにたたきながら祭り囃子を口ずさんでいました。まるで豊作を祝う神楽のようでした。
今日も裸足で元気良い子を見て、お散歩中の方々に何度もお声をかけていただきました。小学校三年生の時には、近所にいた何人もの乳幼児を子守していたという初老の男性は、すいれんの「なんで?」攻撃も嬉しそうで、「うんうん、2歳か、そんな年頃だ」と微笑みながらあやしてくださいました。農村の主婦は一日中忙しく、コミュニティの中でこどもがこどもの面倒を見ていた。それはそんなに昔ではないのだと、お話伺いながら色々と考えさせられました。
幼さなごが指をさす夕方の月。紅に染まる雲を追いかけながら、帰路を急いだ夕暮れになりました。

稔れば実るほどこうべをたれる_d0020310_0214761.jpg
by book-tokyo | 2010-10-17 00:25 | カウントダウン
<< 2つの場所 金色の海に浮かんで… >>