engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
新しい季節
いまどきの女子学生の、現実的で夢を実現してゆこうというエネルギーに満ちているヒトが、社会のゆるやかなネットワークの中で活き活きと生きて行けたらいいなと思う。
働けない、働かない、自分はだれにも、何にも必要とされていないと、たっぷりとある時間を持て余しながら思い込んでいってしまうループ。少しづつ、周りのヒトの心を蝕んでいってしまう。負のエネルギーは、副流煙のように本人よりも周りのヒトの心身を蝕んでゆくということにもう気付かない。

ふと青空をみあげ、今日はいい気持ちだ、いい気分だと清々しそうにするヒトの周りで、副流煙を吸い込んだまま微笑む友は、呼吸が苦しくてもとに戻れない。
とおい旅先の空のもとで出会った素敵な笑顔を思い出して、出会った素敵な人々の力を思い出して、また新しい一歩を前に進めてゆくしかないのだから。
長い夏のお休みを経て、現実をまっすぐに受け止めながら新しい季節を迎えようとしています。
まだまだ残暑の厳しい日が続いていますが、みなさまもどうぞご自愛ください!
深く深呼吸して、できることから。がんばりましょう〜
by book-tokyo | 2010-09-02 14:30 | 呟き
<< 夜風はオータムン こちらは現役で >>