engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
こちらは現役で
こちらは現役。
今回は、熊本発八代へ向かう機関車を諦めて、阿蘇の外輪山の麓を走る夏季限定・南阿蘇鉄道トロッコ列車「ゆうすげ号」に乗車しました。高森駅〜立野駅40分の旅です。
JR東日本ではチケットを入手できず、福岡の親類にJR九州でチケットを購入していただきました。感謝。
ネットでも予約ができるそうですが、お盆のさなかでも当日の乗車券を購入することはできそうでした。(あまりシステムが整っていないので、並んだり、場所が判りづらかったりなので、予約した方がスムーズに乗車できそうです。)
予想以上に、トロッコ列車はすてきでした。
阿蘇を遠くに眺めながら、お話上手なガイドのおじさんの声をバックに揺られて、観光客気分を堪能いたしました。途中は渓谷を渡る鉄橋や、ひんやりとした真っ暗なトンネルあり。吹く風も変化に富んでいて。はじめてのトロッコ列車に、すいれんも感心していました。左は「ゆうすげ号」をひっぱる電気機関車、右は渓谷を眺めて感心している(笑)図です。

こちらは現役で_d0020310_14555686.jpg
by book-tokyo | 2010-08-21 23:49 |
<< 新しい季節 美しい、黒いはたらきもの >>