engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
うちくい展(京都)いよいよ
心から尊敬する行動するヒト、うら(小田)令子氏が企画する「うちくい展」(京都)が、はじまります。
(詳細はWebサイトへ ぬぬぬパナパナ

私個人的な想い・・・沖縄の作家を、その作品が産まれ続ける循環を作るために始まったうちくい展も、5回目になったそうです。いち主婦(実はただものでは無かったのですが・・)で展覧会の主催まったくのしろうとだったうら氏が、ネットワークを全国に広げながら京都、東京(そして福岡)各地で開催するうちくい展。
企画者は、沖縄・八重山の織や染の現代への継承に力を注ぐだけでなく、和綿などの日本古来の素材へ注目し、作家へ素材を紹介したり、その特性の研究をするなど、好奇心の赴くまままさに私財を投げ打って(?)新しい試みを続けているヒト。その熱意ともちろん琉球など各地の作家や作品に惹かれて集まったひとびとによる展覧会自体が成長してゆく様子を見守ってゆけることも、コマーシャルな展示会とは異なり素晴らしい魅力。東京展は5月。楽しみです。
さて今回は、その「自活力」を買われた我が家のおおきい男子も記録写真担当兼あらゆること(オープニングのおつまみ作りやら、設営やら、なにやら)で協力するべく合宿中。ぬぬパナリレーの日記担当もしとげた様子。
熱を出したすいれんとダブルワーク状態の私も、たくさんの方々に助けられながら、陰ながらエールを送る次第。またしても、ピンチ!(東京留守番組)

*和綿は日本に昔からある種の繊維の短い綿の種で、和綿から紡いだ糸や布には独特の弾力と厚みがあり、湿潤な日本の気候に適って、夏は湿気を吸い、冬は空気を含んで温かいと聞きます。

「うちくい展」
◎スケジュール
京都展 2010年4月15日(木)~19日(月)
東京展 2010年5月13日(木)~17日(月)

◎ 出展作品(展示・販売)
うちくい、てぃさーじ、ストール、苧麻・芭蕉・和綿などの素材を使ったコモノ、八重山上布着尺・帯、芭蕉着尺・帯、手締めミンサー帯、ぐんぼう着尺、和綿手紡ぎ着尺、デシ綿着尺、琉球絣着尺、絹着尺、お召し、友禅羽裏、刺し子布、などなど。

うちくい展では、扱う素材も織法も違う作家たちが、それぞれの作風で「想い」と「工夫」を込めた「うちくい」「ティサージ」をお届けします。着尺に関しては「作る人+縫う人+着る人」が一直線につながり、それぞれの顔が見えるキモノの世界を提唱しており、会期中は和裁士・山本秀司氏が在廊いたします。「着る人」へのインタビューから始まる採寸による、お仕立です。仕立てに関するご質問もお気軽にどうぞ。

*ホームページにて「リレー日記」の掲載を始めました。各地にちらばる作家達の日々の仕事や日常をのぞいてみませんか?
http://nunupana.com/diary/
by book-tokyo | 2010-04-14 01:01 | カウントダウン
<< FUJISun 古いことも、新しいことも >>