engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
古いことも、新しいことも
郷に入れば郷に従え
いきなりことわざで恐縮ですが、コンピュータと接していると浮かんでくるこの頃です。今日は久しぶりに大勢の方の前で話す機会だったので、緊張してしまいました。いまや、私自身の指先とキーボードの組み合わせが、ほとんど脳みそと直結して・・・ことばは舌でなく、指先から出るくるような感覚です・・・。よいのか、悪いのか、ここ最近は、ますます舌とのどを使った発言がうまくできなくなってきました(もともとそうではあったのですが・・・)ということで、今日お話しようと思っていたことを、そのまま指先からメモしておこうと思います。
新学期を迎え、大学のコンピュータ室の運営管理のお仕事をどのように紹介しようかと思案。それが「郷に入れば郷に従え」が前提であるけれども、コンピュータのことばを知らないけれど、コンピュータを利用したいのが多くの美大生。そんなボディランゲージを知らないコンピュータと、美大生がスムーズにコミュニケーションをとれるようにサポートすること・・・と考えています。
コンピュータは人工的な人間の脳のしくみを模した回路を持っているので、コンピュータの言語を使うとより意思の疎通が取り合えることは確かです。ただ、アートやデザインといったクリエイティブな人間の営みに関する脳のしくみが解明されていないので、当然ながらコンピュータもそのあたりの人間のふるまいを理解することが苦手です。私自身美大の卒業生ということもあり、学生がコンピュータとコミュニケーションがとれないポイントなどに共感を覚えることが多いのです。非工学系の学生が、コンピュータを使いつつよりクリエイティブなアイデアを形にしてゆけるのか・・・どんな環境が良いのか・・・まだまだ興味のある懸案です。これって、国際関係論にも通じるところがあるでしょうか。さらには、美大生のコンピュータ操作方法や、発想を研究すれば、次世代のコンピュータの開発にも繋がるかもしれません。
by book-tokyo | 2010-04-10 17:22 | design&...
<< うちくい展(京都)いよいよ ジプシー(ただし音楽抜き)冬の森編 >>