engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
政治的年齢
ご無沙汰していた母校(杉並校地)。同窓会にようやく出来た東京支部の設立総会に、引きこもりがちだった旧友を誘って訪ねてみました。
集った同窓生は、予想通り古い卒業の大先輩が多かったのですが、「みなさま、クリエイティブな仕事をしている者にとっては、政治的年齢などは関係ございません」と語った支部長(70+歳になっても40歳代とまったく同じ量の仕事をこなしていらっしゃるそう)新井明子さんの毅然としたひとことに、まずは会場が大拍手。もともと、同窓会長の佐藤和子さんのエネルギーに共感して参加した会だったのですが、予期せずまたまた凄いエネルギーに遭遇。一生現役、やれ年金、やれ公的保障なんて言っている暇があれば仕事をしたいという気概に、圧倒されてしまいました。(鶏と卵的に、覚悟のいる宣言だとは思うのですが)
いやぁ・・・まったく、大先輩方のパワーを感じながら思うことは、齢40歳なんてまだまだひよっこだということ。そして、駆け抜けてきた30,40代があってこそ、70歳になっても新しいアイデアに心をときめかせる日々を送っていらっしゃるのだろう・・・とおおいに感激して参りました。
まだまだ世の中で、女性がこれだと思う仕事を生き甲斐にして生を全うすることが難しい時代が続く現実社会。
「同窓生が知恵を絞って生き甲斐を創って参りましょう!」「組織の運営や管理方法を決めることに時間をかけ、型作りに精を出すことはせず、ゆるやかに、臨機応変にみなで話し合いながら楽しくやって参りましょう!」
元気よく、とはいえ淡々とおっしゃった姿とそのフレーズに、ふんにゃり脳みそが柔らかくなりました。
久しぶりに会った相変わらず格好いいデザイナー金野氏と人生が絵になる森氏と「東高円寺にはあり得ない」ような素敵な喫茶店「イココチ」で、また気持ちの良い時間。
私は・・・70歳も過ぎたら、果樹の植わった風吹く草っぱらで、のんびりとお昼ご飯を食べることのできるような心の余裕を持てたら本望です。今はひとまず駆け抜けよう。
by book-tokyo | 2010-04-04 23:26 | design&...
<< ジプシー(ただし音楽抜き)冬の森編 朧月夜に春霞 >>