ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
730日、もう・・・
果てしなく遠く感じられる出会いの日から、730日経ちました。遅ればせながら、先日無事に我が家の坊も2歳になりました。
何歳になったの?と聞くと、指を1本づつ立てて合わせます。まだ「ピース」は難しい模様。何度も私に自分の指で「ピース」を作ってもらって前に差しだそうとするのですが、すんでのところで中指や薬指も立ってしまいます。指を自在に動かす運動神経は、まだこれから発達する模様。鉄棒にぶらさがる時にも、4本指でしっかり握っているので驚きます。
母親にとっては、妊娠中にも一心同体だった気持ちがあるので、出会いから2年といわれもぴんとこない。まだあどけない我が子をながめつつ・・・そうですねぇ1000日くらい一緒にいた感じでしょうか。
まったく、自分自身そろそろ産まれてから40年経つ頃だと思うに、情けないやら励まされるやら、様々な思いがわき上がった一日でした。
実家の両親や妹から届いた贈り物を渡すと、お祝いとは思わずとも嬉しそうにしている様子も不思議でした。子の誕生日は、両親からのお礼をする日なのかもしれません。このありがとうの気持ちを、これからも忘れないようにしておこうと思います。「お礼に作ったいちごのババロアに立てた「2」のろうそくが、少し具体的過ぎた(笑)来年は3本にしよう」などと思っているヘンテコ母に、よくやって来てくれました。ありがとう。そして、すいれんに暖かいまなざしを注いでくれたすべてのみなさまへ感謝です。

母妹手製のポシェットをもくろみ通り電車に見立てて遊ぶ図
d0020310_11313652.jpg

by book-tokyo | 2010-01-23 11:10 | カウントダウン
<< もうひとつの世界 邯鄲のごとし夢のあと >>