engawa
こどもの視線や息づかいが加わって12年目。
母として、ひとりのひととして、そこに在ることをいかに見出すかによって環境や認識が、自分自身とあなた・それとの在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々と活動をお知らせするメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
以前の記事
2020年 02月
2020年 01月
2019年 10月
2019年 09月
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
まずは包丁をといで・・・
年末は、まいとしのように賀状を書いたり、ヒトに会ったり、そして美味しいご飯作りを夢想したり・・・慌ただしいものです。
今年はすいれんもお手伝い。何をするにもまずは包丁をといで・・・。
何でも真似したい、一緒にしてみたい、そんな年頃なのでしょうか。ひとつひとつ、できるようになると自分自身で拍手をして、喜びの声をあげる様子がとても健気で可愛らしくて、どんないたずらにもふと見とれている私自身がいて・・・これは立派な親ばかですね。ハンドクリームを顔中に塗りながら、お洋服をクリームよだれだらけにしていたのを見た時には驚きました。(でも、つい写真を撮ってしまいます・・・)今のところは、静かにお話して聞かせると、納得するのかあまり大きなトラブルには繋がらないことを幸いに感じていますが。いたずらを一緒に楽しみつつも、だんだんと危険を予測できるセンスも身につけていってくれたら・・・と思案中です。
真剣に応援のかけ声をかけつつ、見習いをするすいれんの図まずは包丁をといで・・・_d0020310_021544.jpg
by book-tokyo | 2009-12-28 00:11 | カウントダウン
<< ことしおさめ なんだか真剣、そしてどこか細かい >>