ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
斎藤良さん:「いけにえ展」 に。
「いけにえ展」
2010年1月4日〜1月17日
創造空間9001(旧東横線桜木町駅舎)
横浜市中区桜木町1-1-75  TEL 045-226-5511
 JR桜木町駅改札を出て右隣

明日までの開催となってしまうのですが、以前の同僚、斎藤良さんが二人展を開催されています。
年始にいただいたDMに「いけにえ」と控えめで上品なデザインで書かれているのを読んで、どっきりとしました。「これは岡本太郎が自分の作品を「社会のいけにえ」と表現した事に由来する展覧会タイトルで、
齋藤良さん・杉山孝貴さんという2名の作家さんの個展になっています。」(旧東横線桜木町を改装したイベントスペース創造空間9001のスタッフ)
実は、「ためいき/永続する言葉」という映像作品は、私とパートナーがひとりずつモデルになっています。斎藤さんのこれまでの作品は、大がかりでいて繊細で、シリアスなコンセプトが見え隠れしつつそれが美しい幻想的な表現にのってとどまっては流れてゆくような・・・ご本人のぼのぼのした風貌(失礼・笑)と裏腹な印象があるので、楽しみにしています。
まだ実際の空間を見ていないので情報の投稿のみになってしまい申し訳ありません・・・。明日、展示会場の撮影を依頼されたパートナーの助手(?)ですいれんと一緒に伺う予定です。
by book-tokyo | 2010-01-16 22:31 | art&...
<< 邯鄲のごとし夢のあと 本年もよろしくお願い申し上げます >>