人気ブログランキング |

ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2018年 12月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
おきまりでないこと探し
久しぶりに出席したデザイン学会教育部会。今回は第二支部と合同のセミナーでした。
http://jssd.jp/modules/bulletin/article.php?storyid=361

永井裕明氏のお話を中途の時間からようやく参加。
http://www.nginc.jp/

清々しいリニューアルで印象深かった佐川急便のトラック荷台のデザインや、サントリー山崎のポスターデザインで著名なアートディレクターともあって、落ち着いた、何事にも動じない雰囲気。
広告デザインの世界は「みんなのお金でみんなに夢をみさせてくれるもの」という印象が私にはあり、つい「夢はお金で買うものじゃない」のになぁというアマノジュクが働いてしまうのですが、今回は「限られた表現の場で、最大限自分自身も遊ぶ」というクリエイター魂と意気込み、プライドを強く感じ、刺激を受けました。

教育の現場から参加されているさまざまな世代との交流も、教育部会二次会での貴重な時間。高校でデザイン教育を担当されている先生が「高校生活をいかに楽しませてあげられるのか、人格形成が主な目的になってきた」と、半分悲観的におっしゃっていたのですが、実は勤め先の大学でも、高等教育=専門分野の探究といっていられない現状があるのではないかと感じました。課題制作を通じていかにコミュニケーション能力や、一般常識(就活ではなく、人生の生活術のようなもの・・・?)を得られるような仕組みをいかに作れるのか・・・目を向ける必要があるようです。

永井氏のお話で、もっとも印象に残ったのは、「グラフィックデザインを原寸でする」という部分。マッチ箱ならマッチ箱を作って切り貼りをしてデザイン案を考える。トラックなら荷台にラフを貼って、最終的な塗装のマスキングシートを切るところでデザインを詰める。
CGは便利になりましたが、そんなに急いでどこへ行く〜?他者とイメージを共有する、メッセージを伝えてゆく方法から、もう一度じっくりと考え直してみても良いのかなと感じた夜でした。
by book-tokyo | 2009-12-06 21:29 | design&...
<< あぁ...歩きはじめ 幌馬車の荷台、でさえ >>