ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
夜蕎麦と女性考
卒業生で、同僚でもあるまぁさんをお招きして、夜蕎麦(夜風に吹かれての手打ち蕎麦は、また格別に美味しかった〜)。ほろ酔いになる前に、しばし母校についてもじょもじょ(笑)
・・・スリングにいれて、時におんぶ紐で背負いながら、育児休業中も夜中まで仕事をしていた。いまも、朝から晩まで仕事について、帰宅すれば慌ただしく家事をしながらすいれんのはなしをきく日も多い。でも、すいれんが成長すればするほど、一緒に過ごせる時間を大切に、目をみて耳をかたむけることができるように努めるようになりました。すいれんが寝静まってからも仕事は、なかなか辛いけれど、それでも彼の瞳の動き、日々確かめるように一挙手一投足から世界を学んでゆく様子を見守りたい、助けたい。たぶん、1/12時間しか目覚めている彼を見ることができない日もあるほど、離れているからなのかもしれません。
女性の社会進出、女性の活躍・・・声高に、女性が家事や育児ではないパートでもっと活躍できるようにと、意識の改革、制度の見直しが進んでいるようにみえても、そこには、誤解を恐れずにいえば、育児こそ次世代を左右する社会事業でもあるという意識が、どこか欠けているように感じるのは何故だろう。
子は社会(天)からのお預かりもの、初めてすいれんのお顔をみた時教えられました。社会へ戻ってゆく子を迷わせないために、それまでに親(おとな)ができることは生きる力、日々の暮らしをしっかりと伝えることなのかなとこの頃思う。どんなに多忙であっても、そういう時間を大切にできる女性や男性が、ものごとの経済や政治にきちんと意見を言える立場に居ることを、気持ちよいとする感覚を忘れないでいたい。

いかに創造的であるかを日々学ぶべき美術大学生が、女性であるということは、それ自体あらゆる可能性を持っている。日々の暮らし、まだ幼い子を思う心も、常識から自由でいてほしいなぁ。ジェンダーから開放された、自由な芽を孕んだひとたちを、心からリスペクトしたいなぁと改めて思うほろ酔いの夜。

d0020310_2344355.jpg

# by book-tokyo | 2014-06-22 02:44 | 呟き
運動会
水疱瘡あけ、登校許可書を携えて運動会に参加。
6年生の取り組み、チームリーダーたちのことばに感涙した素敵な運動会。
諦めず、参加できて良かった。

1歳で入園した保育園で、年長さんが遠く眩しくみえたように、いまは6年生が頼もしく、はるか遠い存在に思える。
6年間で、ここまで劇的な成長をみせる小学校って、すごい場所だったのだなぁ。今更驚いた一日でした。
入園式、入学式、この数年運動会も不在続きのパートナーに、少し申し訳ないと思えるほど、こどもたちの成長に学ばせてもらっている。

1組は赤(赤、ピンク)、2組は緑(緑、青)、6学年縦割りでチームキャラクター、応援歌、応援団もあって徹底した生徒主導の闘いぶり。先生も競技を見守りつつ、チームの一員として赤緑にわかれ、子どもたちと共に勝敗の涙をみせていた姿が印象に残りました。
男女共に髪を赤やピンク、緑や青に染め、女の子には趣向を凝らしてチームカラーの飾りをつけている子もちらほら。
観戦中のおとなたちの装いも、くっきりと赤系、青緑系にわかれ、声を枯らしてチームを応援していた。
騎馬戦は相手の馬を崩すまでの激しい闘い、タイヤ引、折り返しリレーは、高学年の作戦がものをいい、勝負が目に見える。
1周差がついていた5.6年生のグランプリレースは、最後のどんでん返しで優勝が決まった。ピンクを青が追い抜かすシーンではおとなもこどもも総立ちで声援。
ふと気づくと、完全な個人競技はなく、すべての種目はチームの勝敗に関わる全体の一部なので、我が子だけを追いかける雰囲気に勝る全体の盛り上がりだったのかもしれない。
競技に集中できないという生徒たちの要求で、BGMも実況中継も無し。応援と歓声の狭間に風に揺れる木々の音が聞こえました。

1年生は、まだまだのんびりしていて、マイペースぶりを発揮、5.6年生に手を引かれ、背中を押される姿が微笑ましかった。1.2年種目のタイヤ引で緑が負けたことに、ひとり号泣していたすいすいも最後は「負けたけれどチームは優勝!」と嬉しそう。
帰宅して、おめでとうと声を掛けると、凛々しいチームリーダーが最後の挨拶に言ったこと「赤チームがいたから、闘えた、優勝できた。やったぜ、ではなく、赤チームに感謝を忘れない」を、私に返した。

d0020310_5223292.jpg

# by book-tokyo | 2014-06-01 05:04 | カウントダウン
かないくん
積ん読していた「かないくん」読む。

撮影で福井に居る夫から、お刺身が美味しかったよと電話。波の音が背後から聞こえる。
母子ふたりの週末、添い寝のぬくもりでひと眠りして、何とか起き上がり、片付けや掃除。土曜日の朝は、ゆったりと清々しく目覚めたい一心で整える(笑)
何とか眠らなくてはと横になるも、枕元に壁のように積まれた本の中から、視線を感じて、自然に手にとっていた。

祖父江慎さんによる潔く、エレガントな装丁、職人技的な印刷の美しさ。始まりと終わりの異なる見返し用紙や、本文用紙の選び方、カバーをはずした時にはっとする徹底した演出が、谷川俊太郎さんの物語をより深く感覚させてくれている。
やはり松本大洋さんは天才だと思った。
少女の「わたし」が登場するシーンは、一生忘れられない。
何気ない構図、素朴な描写。
誰もこんな様に、この複雑で抽象的な死ついて想う心情が、ミームのように次世代に伝わる瞬間を描くことはできないだろうな…。
美しい一冊。
d0020310_93881.jpg

# by book-tokyo | 2014-05-24 01:13 | 呟き
Richard Paul Lohse
Richard Paul Lohse
透明感のある色彩構成、繊細でかつ大胆な力強い作品に目が留まったのはいつだったか…無意識に影響を受けている。

『構成的ポスターの研究』(2001 中央公論美術出版)は、それまでぼんやら好きなアーティスト、好きな作品を眺めていたわたしに、世界の地図を示してくれた。

さらに、ふと入手した展覧会のチラシで、初めて体系的な造形デザインの仕事を残したローゼのなまえを認識した。

本腰入れて、自然から学ぶ造形パフォーマンスについて真摯に取り組みたい。
もう5年も経ってしまった…
断片的に家事や育児、大学やデザインの仕事やらの合間にすることじゃないと知りながら、やめられないので続けている。ライフワーク。

科学者の研究著書は面白く、また未知への想像力をかきたててくれる。その先に、自然から学ぶ姿勢がみえることも正しいように思う。

2004年に刊行された『リヒャルト・パウル・ローゼの構成的造形世界』
一方で、草深幸司先生が中心になってまとめられたこの研究は、科学的でありながら、対象はひとりの人間、思考様式である。改めて、その向こうに人間がいるテキストを読んでみるとどうだろう。
勘を頼りにしてきた。
テキストや図版をインプットしても、アウトプットはいつも抽象になるわたしの脳みそ。かたちにできるかな?
# by book-tokyo | 2014-05-17 07:52 | in art in science
東北の山々
パートナ氏の師匠&友人のフランス人身体パフォーマーのワークショップに参加するために、GWは山形・酒田の「土門拳記念館」を訪ねる旅へ。
移動する旅好きな我が家は、行きは新潟の海経由、帰りは喜多方の山経由で、地図を片手に山深い道をいったのでした。
印象深かった月山、羽黒山の姿。
車中、おもむろにリュックからノートを取り出し、黙々とスケッチしていたひとひとり。
ひとつひとつの山の名を確認しては、書き留めていた。
おとなとこどもが観ている風景は、必ずしも同じではないけれど、山々、空、海...をみつめて感じる心の動きは、共有できるのかもしれないと感じた一瞬でした。
旅して良かった。

いえ、これらのスケッチで山脈を見分けるのは至難の業ですが・・・(笑)

d0020310_1493169.jpg

d0020310_1494510.jpg

d0020310_1495667.jpg

# by book-tokyo | 2014-05-10 01:37 | カウントダウン
6年目
雪が降り出した日、予定より1週間ほど早くお腹をたたいたひとが、すぽんと出てきた。6年前の朝。
このところ連日仕事の帰りが遅くなり、朝の1時間と夜の入浴時、就寝前の読み聞かせのわずかな時間に、全身で甘えてくるすいれんと、一日その笑顔が忘れられないくらいじっくりと一緒に過ごしています。
もうじき6歳になるにも関わらず、0歳の頃、1歳の頃・・・日々の笑顔、頬ずりや手のひらの感触はまだしっかりと心身が覚えていて、同時に何人もすいれんがいるかのような不思議な気持ちになります。
毎日の繰り返しの中で、確実にひとつひとつの出来事を脳内処理してことばや絵でアウトプットしてゆく素晴らしさ。一生のうちもっとも爆発的に脳細胞が分裂しているという説明を、視覚的に想像させてくれる面白さ。やってきてくれてありがとう、素直にお礼をしたい。
そして、温かくおおらかに見守ってくださる友人、家族のみんな、保育園のみなさん、いつもありがとう☆ございます。6年目もどうぞよろしくお願い申し上げます。
d0020310_3224116.png

# by book-tokyo | 2014-01-23 03:23 | カウントダウン
北川先生最終講義
北川フラム先生(女子美術大学大学院芸術文化専攻芸術表象研究領域客員教授)の最終講義
「日本列島の文化と現代美術」へ。
レジュメのタイトルは「美術の当為」美術の役割について、アートディレクターの視点から熱意のこもった講義でした。
「長い間それぞれの地域で生きる術を誇りとしてきた人々に、現代社会はそれを捨てろと言って来た。」ひとり、またひとり消えてゆく集落のお年寄りに「一時でもよいから楽しい思い出ができたらというのが大地の芸術祭の初心だった」。地域や文化の多様性を認め、誇りを取り戻すためにアートは力を発揮する。

越後妻有アートトリエンナーレが世の中に知られるようになると、全国様々な地域で芸術祭のニュースを聞くようになりました。
その土地に住むひとたち、暮らしや文化、地域の自然をほんとうにリスペクトして関わってゆく覚悟が必要だというメッセージも、暗に込められているように感じました。

松本清張のようなひとが、美術をどう捉えたのか。地域や文化の中で、美術はどう捉えられているのかを知っていなければ、わたしたちは裸の王様になってしまう。
導入から目の覚めるようなお話でした。
ちなみに、松本清張は小学校を出てから企業の給仕、印刷工見習い、版下工、ポスター描きなどをして6人の子を育てた。50歳近くになって作家としての活躍が始まったひと。
歴史や社会に関心を持ち続け、読書家・勉強家だった。

違うことが良いという価値観を認めているのは、アートの他にはないという力強い価値観を、こどもたちにも伝えたい。何よりわたしたちの活動をみれば、感じられるはずと言えるようでありたい。
アートは、アウトローなことにがっかりしない、ことがアートなのだから・・・。
# by book-tokyo | 2014-01-22 22:53 | art&...
2014
たいへん遅ればせながら、寒中のお見舞い申し上げます。
お正月から23日経って、すでにもう何ヶ月も経ったかのような錯覚を覚える2014年です。
みなさま、どんな23日をお過ごしでしょうか・・・?
もう遠くまで旅して参りました。
2013年は、新しい仕事、出逢いにも恵まれて、家族共々たくさんの発見と気づきのあった年でした。ご縁をいただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました。
ことしもどうぞよろしくお願い申し上げます。

社会的にはアウトローな立場にいると認識していても、社会の情勢や動きの波に揉まれ様々な影響を受けているのが現実です。
心身は自分自身から自由でいたい、できればその意識すら無くなれば理想的だと感じてきたこのごろ、大阪の橋本久仁彦さんとの出逢いは大きなことでした。
ゆっくりゆっくりと、自然、地域、ルーツに意識を近づけてゆく自分が、何をアウトプットできるのか、美術(私が寄り添ってきたデザインは、美術に含まれるのではないかと最近考えている)について再考する1年に出来ればいいなと思っています。
BGMはサウンドバムのCD “Traveling with Sounds”(リビングワールド・西村佳哲編)、もうすぐやってくるムンバイ、ガンジャード村の音。

d0020310_3405440.png

# by book-tokyo | 2014-01-20 03:25 | 呟き
Last・運動会
1歳児で入園して初めての運動会の日、あんなに眩しく永遠に至らないだろうと思いながら拝見した年長さんの荒馬(青森県・今別の伝統的な民舞)。過日、年長さんとして参加した運動会が終わり、またひとつすいれんの幼な心の時代が過ぎていった・・・そんな寂しい気持ちになっています。
その一方で、少しづつ成長しながら離れてゆく子を頼もしく感じた一日でした。
すいれんの通う保育園では、ほんものの(本場から学び・伝承する)文化を大切にした民舞や唄の取り組みが盛んで、運動会も職員、親、こどもみんな一緒に身体を動かしてこどもたちの成長を感じるイベントです。今年は荒馬に加えて、アイヌの唄や踊りにも一層力が入っていて、先生方もアイヌの装い美しく、わたしは密かにみとれたのでした。丸木舟の踊り(ホンカヤチップ)やキツネの踊り(チロンヌプ リムセ)では先生方の演奏する太鼓や笛、こどもも一緒になって歌う声に合わせて3、4、5歳児の親子がみんなで踊り、汗だくになって走り回るという場面も・・・。安東ウメ子さんのホンカヤチップやウポポサンケを妊娠前から愛聴していた私としては、アイヌの音階をきくだけでも満たされるというのに、振り付けしながら踊れるなんて・・・(笑)可愛いこどもたちと膝や肩をたたきながらぴょんぴょんと跳ねた至福の時間。(我が家でも、ウメ子さんの曲をかけて、母子ぴょんぴょんしています)

年長さんが額にしめたマタンプシ(ハチマキのようなもの)には、運動会に合わせてひとりひとりが刺繍をした魔除けやお守りの印、代々大切にされてきた荒馬の装身具にはこどもが夫々に尻尾をつけて、自分のなまえをつける。そのプロセスにも、ひとつひとつの出来事を丁寧に迎える手間を惜しまない先生方の心意気が込められているようでした。
おまけに、今年は先生方にも思いっきり格好よいおとなっぷりをみせていただいて、背筋が伸びる思い(笑)毎日一緒にいるおとなが、こんなに真剣に走り、歌い、奏で、踊っていたら、こどもたちもこうなるなと。すいれんは大縄跳びに失敗しても、先生に言われて「深呼吸、ふぅ〜」そして再度挑戦してうまくできるという落ち着きぶりを発揮、きっと去年ならぶぅとなってパスしただろうと思うと(苦笑)その成長ぶり、先生との信頼関係に心底感動してしまいました・・・。

こんな風に、こどもたちと競い合って真剣に取り組むこと、どれくらい遠くまで出来るだろうと考えた日。そんなおとなの姿に充分応え、ハミでて、超えそうなこどもたち。
なんだかとっても粗野で自由で力強いひとたちをいっぱい観た、ことしもそんな感想でした。
最後の運動会。とっても疲れたけれど、素晴らしく充実した、思うこと多い一日。

ほぼ観て踊るのに(笑)夢中になり、ろくな写真が撮れなかった日。
荒馬の一場面・・・みんなが一瞬留めのポースしている。荒馬なのでみごとにみんな思い思いの方を向いている(笑)
d0020310_3592743.jpg


マタンプシ(アイヌの魔除けを刺繍したはちまき)
d0020310_491878.jpg


こんさま、すてきな応援ありがとうございました!
d0020310_493438.jpg

# by book-tokyo | 2013-10-14 04:14 | カウントダウン
岡上さとやま探検隊2013のホームページできました
今週末からはじまる、さとやま探検隊2013のホームページです。

岡上さとやま探検隊2013ホームページ

といっても、まだ予告だけメモされた真っ白なノートです。探検の記録や探検隊長からの伝言、隊員のみんなの発見などを描いてゆく予定☆
時々メンバーが更新してゆきます、ふらっと覗いてみてくださいね!
第一回目の探検は、漆造形家のいらはら みつみさん(みつみっち)と、何代もこの土地に住む大工さん・鳥海さんを訪ね、昔ながらの生活空間を探検します。鳥海さん宅の周りには古い民家がポツリポツリ・・鳥海家はまだ薪でお風呂をわかしていらっしゃるそうです。庭にあるタイルばりのカマドも行事の時には活躍する暮らし。大工さんの道具と樹木や漆に通じたみつみっちコラボの探検で、どんな発見があるかな?愉しみです。
あ、プレ企画「自分を感じる、野菜を感じる」(貝川友章さんのワークショップ)の写真も数枚アップしました。ぜひご覧ください。

・・無料で設置も簡単、更新もしやすいWix.comを利用してみました。
想像以上に仕組みがよく出来ていて、頭の中のことやたくさんの事柄を整理するためのシンプルなWebサイトに最適。ちいさなコミュニティや非営利のグループでコミュニケーションをはかる目的なら充分に使える印象を受けました。
今回もほとんどカスタマイズの時間をかけずに利用しています。
おすすめです。

d0020310_23364674.png
# by book-tokyo | 2013-09-25 00:49 | study works