ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
<   2014年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
「みえないうみ」/See we Don't see.
パートナーであり写真を撮ることしかできないと言い続け、そうしてきた世利がベオグラードに続いてミラノで写真作品展をさせていただくことになりました。

「みえないうみ」/See we Don't see.

次はみえない、みえないうみへの航海中。それでも続けてゆく。
少し遠くから、視覚なのかな・・五感でかな・・次も観てみたいと思えることを、ひとつひとつ続けてゆく日々。
ミラノ大学のRossella Menegazzo氏のキュレート力のお陰なのか、画廊や教育機関も個人の考えに重きがおかれているからなのか、「いいね」となると次々とワークショップや対談、展示の企画が決まってゆく様子、文化の違いに驚きつつ、有り難く感じます。

わたしも彼も、苦しそうなヒトの傍らで、ちょっと美味しいものを差し入れしたり、お茶をいれたりするくらい・・淡々と日常を送るのが、我が家流です。

追い込み、頑張っています。。もし在ミラノ・ヴェネツィアにお知り合いの方がいらっしゃれば、ご案内いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

2014.11.18〜11.30 Area 35 Galleria d’Arte Contemporanea 
Via Vigevano 35, Milano 20144
2014.12.4〜 Guggenheim artschool, Venice

d0020310_23583436.jpg
d0020310_235953100.jpg
by book-tokyo | 2014-11-12 00:00 |
ノコプロジェクト
2013、2014年とわたしも参加してきた「WallArtFestival」の母体WallArtProjectが発展的なプロジェクト「ノコプロジェクト」を始動しました。

2009年に始まったWallArtFestivalは、学芸大学の学生さんたちが資金を集めインドの最貧困層の居住区に学校を建てたのが種になっています。箱は出来たが、中身に関わらずして・・・という発想が素晴らしい。様々な経緯を経て、アーティストも観客も夢中になれる学校を舞台にした芸術祭「WallArtFestival」は開催されました。こどもたちの学ぶ学校で、アーティストが滞在しながら「壁があれば絵は描ける」を実践しフィスティバルを開催するまでのプロセスを共有すること、そしてアートの力、それはこどもたちに「未来」を考えるきっかけを与え、関わるおとなたちにも「学校」という学びの場を認識してもらう機会になったそうです。
3回目の2013年から場所はマハラーシュトラ州、ガンジャード村に移されました。
精霊信仰を持ち、素晴らしく抽象化された絵を描く少数民族ワルリの村。初めて滞在した時、沖縄の波照間島や竹富島で過ごした日々を思い出すような、自然とひとの暮らしが共存した時間の流れを感じました。

村の人々が歌い、踊り、稲作をし、ヤシの木やブーゲンビリア咲き乱れる平野に木造の家が点在する様子に、なぜか懐かしさを感じたのは、わたしが沖縄の島で暮らした経験からだったのかもしれません。
また心惹かれたのは、WallArtFestivalの運営を支えてくれてきた心優しい青年たちが、ITを駆使する一方、狩猟をし、食や暮らしの生産的な活動にも実践的な知恵を持っていること。息子を丁稚に出したい(笑)と思える逞しさ!

前置きが長くなりましたが、始動したばかりの「ノコプロジェクト」、建築、インテリア、エネルギー、食糧、医療、アート、デザイン、様々な分野のひとが関わって、あたらしい学びの場を創る試み。(密かにそれを繋ぐ大事な要素はデザインだと思っている)
学びというのは、本来学問ばかりをさすのではなく、「生涯学生」「一生勉強」などよく言われるように、内省的な学びも多分に含んでいると捉えています。日本が失いかけている自然と共生してきた家つくり、生きる知恵などを、ワルリ族から学びつつ、その先を考えてゆくプロジェクトです。
WEBやコンセプトワークなどで参加していますが、危機感や課題を共有できる他分野の方々とディスカッション、アイデア出しはまさにデザインワークの面白いところ。
将来に見据えている日本の青少年が滞在できるアコモデーションのかたちも、家作りからはじまるこれからのプロセスの中で、おのずとみえてくるのではと期待しています。

WallArtFestival:http://wafes.net/index2.html
ノコプロジェクト:https://www.facebook.com/nocoproject
ノコプロジェクトの公式サイトは制作中です。

*******************************
デザイン教育研究会で、ディレクターのおふたりにお話を伺います。
ぜひたくさんの方にご参加いただき、教育プログラム、プロジェクトの観点からも意見交流、ご助言いただければと思います。

デザイン教育研究会 2014年度_vol2
テーマ 「自然との共生:持続可能なまなびのかたち」~アート、デザインは何が出来るのか
発表者 おおくにあきこ 浜尾和徳(NPO 法人 Wall Art Project 統括ディレクター/ ディレクター 兼 コーディネーター)
日時  2014 年11 月21 日(金) 18:00 ~ 20:00
会場  女子美術大学 杉並キャンパス 1 号館2F 1201 セミナールーム
参加無料・申し込み不要です。
http://jssd.jp/modules/bulletin/index.php?storytopic=7
by book-tokyo | 2014-11-11 12:01 | design&...