ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
<   2014年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
6年目
雪が降り出した日、予定より1週間ほど早くお腹をたたいたひとが、すぽんと出てきた。6年前の朝。
このところ連日仕事の帰りが遅くなり、朝の1時間と夜の入浴時、就寝前の読み聞かせのわずかな時間に、全身で甘えてくるすいれんと、一日その笑顔が忘れられないくらいじっくりと一緒に過ごしています。
もうじき6歳になるにも関わらず、0歳の頃、1歳の頃・・・日々の笑顔、頬ずりや手のひらの感触はまだしっかりと心身が覚えていて、同時に何人もすいれんがいるかのような不思議な気持ちになります。
毎日の繰り返しの中で、確実にひとつひとつの出来事を脳内処理してことばや絵でアウトプットしてゆく素晴らしさ。一生のうちもっとも爆発的に脳細胞が分裂しているという説明を、視覚的に想像させてくれる面白さ。やってきてくれてありがとう、素直にお礼をしたい。
そして、温かくおおらかに見守ってくださる友人、家族のみんな、保育園のみなさん、いつもありがとう☆ございます。6年目もどうぞよろしくお願い申し上げます。
d0020310_3224116.png

by book-tokyo | 2014-01-23 03:23 | カウントダウン
北川先生最終講義
北川フラム先生(女子美術大学大学院芸術文化専攻芸術表象研究領域客員教授)の最終講義
「日本列島の文化と現代美術」へ。
レジュメのタイトルは「美術の当為」美術の役割について、アートディレクターの視点から熱意のこもった講義でした。
「長い間それぞれの地域で生きる術を誇りとしてきた人々に、現代社会はそれを捨てろと言って来た。」ひとり、またひとり消えてゆく集落のお年寄りに「一時でもよいから楽しい思い出ができたらというのが大地の芸術祭の初心だった」。地域や文化の多様性を認め、誇りを取り戻すためにアートは力を発揮する。

越後妻有アートトリエンナーレが世の中に知られるようになると、全国様々な地域で芸術祭のニュースを聞くようになりました。
その土地に住むひとたち、暮らしや文化、地域の自然をほんとうにリスペクトして関わってゆく覚悟が必要だというメッセージも、暗に込められているように感じました。

松本清張のようなひとが、美術をどう捉えたのか。地域や文化の中で、美術はどう捉えられているのかを知っていなければ、わたしたちは裸の王様になってしまう。
導入から目の覚めるようなお話でした。
ちなみに、松本清張は小学校を出てから企業の給仕、印刷工見習い、版下工、ポスター描きなどをして6人の子を育てた。50歳近くになって作家としての活躍が始まったひと。
歴史や社会に関心を持ち続け、読書家・勉強家だった。

違うことが良いという価値観を認めているのは、アートの他にはないという力強い価値観を、こどもたちにも伝えたい。何よりわたしたちの活動をみれば、感じられるはずと言えるようでありたい。
アートは、アウトローなことにがっかりしない、ことがアートなのだから・・・。
by book-tokyo | 2014-01-22 22:53 | art&...
2014
たいへん遅ればせながら、寒中のお見舞い申し上げます。
お正月から23日経って、すでにもう何ヶ月も経ったかのような錯覚を覚える2014年です。
みなさま、どんな23日をお過ごしでしょうか・・・?
もう遠くまで旅して参りました。
2013年は、新しい仕事、出逢いにも恵まれて、家族共々たくさんの発見と気づきのあった年でした。ご縁をいただいたみなさま、ほんとうにありがとうございました。
ことしもどうぞよろしくお願い申し上げます。

社会的にはアウトローな立場にいると認識していても、社会の情勢や動きの波に揉まれ様々な影響を受けているのが現実です。
心身は自分自身から自由でいたい、できればその意識すら無くなれば理想的だと感じてきたこのごろ、大阪の橋本久仁彦さんとの出逢いは大きなことでした。
ゆっくりゆっくりと、自然、地域、ルーツに意識を近づけてゆく自分が、何をアウトプットできるのか、美術(私が寄り添ってきたデザインは、美術に含まれるのではないかと最近考えている)について再考する1年に出来ればいいなと思っています。
BGMはサウンドバムのCD “Traveling with Sounds”(リビングワールド・西村佳哲編)、もうすぐやってくるムンバイ、ガンジャード村の音。

d0020310_3405440.png

by book-tokyo | 2014-01-20 03:25 | 呟き