ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
<   2010年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧
無我夢中
・・・ってこんな風景でしょうか。遊び疲れてふとした一瞬のできごと。
d0020310_231654.jpg

by book-tokyo | 2010-06-29 23:16 | カウントダウン
ヘッジでミスマッチな健全のこころ
いつも〆切に追われていて、心安らかに眠ることもままならなかった(実際には、自分自身に時間をつくるための気持ちの余裕がなかった・・・ということに過ぎないのではありますが)この数ヶ月でしたが、あらゆるパターンの(まるで漫画か小説のような)ちいさな日常的な出来事もページがめくられるように去ってゆき、はや2010年も半年が終わろうとしています。
こんな日々を送っていても、ふと出会いたい声、音、映像をみることのできる環境=インターネットがあることは・・・。あれこれ難しいことは棚上げした上で私にとってほんとうに有り難いことです。今夜は森ヨガのよしえ先生(森の妖精)のお気に入りリストからPerfumeの" コンピューターシティ"を楽しみ、あれこれめぐる間に心がほぐされて、Björkに励まされ、そしてJoanna Newsomの大好きなSprout and the beanを繰り返し観る。このとてもファンタスティックな容貌やハープを操る魔法使いのような指遣いと裏腹に、どうしようもなくミスマッチな歌声が、なぜかアンバランスで健全なこころを活性化してくれるように感じて、ことばにできない不思議な気持ちに。あらゆる矛盾することも、そのまま受け入れようという仏教的な?世界の広がりまで感じてしまう。あぁ、幸せ。
by book-tokyo | 2010-06-25 02:08 | art&...
WordPressや〜い
半年ほど前に、非常勤講師の後藤孝之先生からWordPressによるポートフォリオサイト構築の重要性&美大生のスキルとしての面白さ・・などを伺って直感・・・職場で構築しているサイトのリニューアルはWordPressが最適かも!!!思い込みの強さは、こういう無謀なことを安易に発想してしまう利点もありますが、今回はスタッフのS氏の力によるものが大きく、ひとりで構築していたら、いまだに公開できていなかったでしょう・・・。
PCルームサポートサイト
WordPressは専門知識のある方には説明は不要だと思うのですが、まったく異なるジャンルの方へ簡単に説明するとすれば、世界中のクリエーター、プログラマーなどがより使いやすいモノを創ってゆこうと開発中のブログソフトウェアです。つまり、このexcite.ブログやHatena、mixiのように、ブログを投稿する感覚でWebサイトをつくってゆくことができるようなしくみです。
誰もがこのWordPressの開発に参加することができ、誰もがそれを無料で利用できる・・・インターネットは実世界では実現が難しいかなと思えるような、非常に創造的な営みに世界中のヒトが望めば誰でも参加できるオープンな環境を提供してくれている。もちろんそのデメリットも想像を絶するものがあるとはいえ、夢のようなお話でもあって、私などはドキドキとしてしまうのです。
このWordPressによって、職場で活用している共同PCルーム(200台のMacと70台のWindowsマシンを運用しています)を利用する学生や教職員のみなさんをサポートするサイトを構築しています。当初はひとりでサイトの作成から運営までしていたので、ハンズオンや講座の合間になるべく手間をかけないよう、ほんとうにシンプルな内容でした。今は、コンテンツも数倍にふくれあがり、授業時間割、教室予約、様々なハード&ソフトのQ&A、その他セミナーの告知やウィルス情報などを提供しています。
WordPressの良い点、ひとつは権限のあるヒトが誰でも更新できること。特定のアプリケーションやプラットフォームに環境を限定されないので、どこでもいつでも更新できること。
つまり、情報を持っているヒトが、特定のルールに沿ってすぐに情報を更新できる。これまでのサポートサイトの不便な点は、FTPやCSS、HTMLのある程度の知識がないと、情報の更新がすぐにできなかったことで、そのために情報が古くなってしまったり、そもそも更新を忘れてしまったりしていました。ふたつめは、常にサイトをリフレッシュし続けられること。サポートサイトは企業が営利目的に作成するものではないので、常に実験的なことに挑戦できる(しかも短い時間で検証ができる程度のこと)環境が欲しかったので、世界中のクリエータが日々開発中の様々なプラグインを試すことのできるWordPressは最適でした。この点も、こまめにプラグイン探しの旅に出てくれるS氏のお陰・・感謝です。Webサイトは情報=スタッフの知の結集、ノートであり書棚であり、そして意見交換の場でもあります。
このengawaは、新聞紙の敷いてある縁側で、book-tokyoは未整理で混沌としたイメージの雑木林。色々な発想を自由に行き来していたいと思っています。
現在お仕事でWordPressでのサイトデザインに挑戦しましたが、想像以上に苦労しました。(久しぶりに「匙を投げる(投げたい)」アニメーションが何度も頭の中に浮かびました。)いつもお世話になっているN氏に、改めて感謝です。まだまだはじめのいっぽ。概要は把握しておけるようになることが当面の目標でしょうか。みなさま、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
by book-tokyo | 2010-06-22 00:43 | works
美しいメッセージ
大好きなヒトから、こどもの頃から憧れていたビスケットレターが届きました。素敵なアーティスト小田嶋暁子さんと泰子さんの共作です。小田嶋さんが描くイラストレーションの世界がそのまま・・・届きました。
嬉しくて、箱のふたをすぐに閉じたまま、長いこと冷凍庫に仕舞っておいたのですが・・・ちょっとの時間ができたのでS氏とお茶をいただきました。素敵なお菓子は、すてきな時間をプレゼントしてくれる。
「Dear Married couple」なんて台詞も、夢の中に出てきそうで、少女心をくすぐります・・・。もちろん、特別なレシピのガナッシュと絶妙な柔らかさのビスケットのコンビネーションは、ことばにできないほどの美味しさ・・・。ありがとう。
d0020310_054575.jpg
d0020310_056962.jpg

by book-tokyo | 2010-06-11 00:44 | 呟き
ひとめぐり+1日目終了
ひとめぐりしました。
仕事を終えていつものように帰宅すると、階段をよいっしょ、よいっしょとのぼってくる声が・・・。(玄関が2階にあります)かけよってきたすいれんが「おたんじょうび、おめでとう〜」とはっきりと伝えられたことが嬉しかったのか、少しはにかみながら抱きしめてくれました!
ことばにならない気持ちがこみ上げてきて、柔らかいほっぺのぬくもりに包まれました。生まれて初めてのなまえが描かれたケーキとカヴァを用意してくれたパートナーと3人で、夜更けに少しづつ美味しいおしゃべりをしました。40年前、日付の変わるころには産まれたばかりの私はさかんに泣いて、新米母を起こしたのだろうなぁ・・・などと思いを馳せるその気持ちにも不思議を感じながら・・・。
いつもこの時期はなんとうなく慌ただしく過ぎてしまうのですが、誕生の日がめぐるたびに、何よりも自分自身がみんなにありがとうを伝える日なのだと改めて思った、素晴らしい夜でした。思い出してメッセージをくださった友たちや、いつも変わらぬ愛情をそそいでくれる家族に感謝。
40歳。急に増えた同世代の仲間たちと、いつか暖かな草原で静かにお茶をすする日も、楽しみに思えるこの頃。それまでまだまだたくさん冒険しましょう〜!いつもありがとう。ことしもどうぞよろしくお願いいたします。
by book-tokyo | 2010-06-09 00:27 | 呟き
ラジオ
ラジオは動物神経を鍛える?
テレビがすまいから消えて16年。テレビもラジオも聞きたい、視たい時だけでいいひとには、インターネットは最適な媒体なのかなと感じています。
そうはいっても出産後はなかなか時間がとれず、自称ネットサーファーも怪しい状態になっていますが、〆切のある仕事がない時は、寝付いた子の横からするりするりと布団を抜け出し・・・ということも。(すいれんのぬくもりに負けて、ぐっすり朝まで・・・もままありますが。(笑))
IPサイマルラジオ。iTunesのラジオは未知の発信元への想像力が限りなく広がる、無限のおもちゃばこではありましたが、この膨大な発信元から今日の気分に合うストリームを探し出すのは根気のいる作業。
IPサイマルラジオは番組表もあって、iPhoneでも聞くことができるらしいので、今後の展開が期待できそう。各ラジオ局の番組表をじっくりと見られるのも面白いことです。
耳から入ってくる世界には心を開いておきたい。(現在、すいれんのよだれのため、水没(自己責任)で故障中のiPhone。聞こえるけれど、発話が相手に届かない(笑)=ちょうど今のすいれんの気持ちを想像しています。)
by book-tokyo | 2010-06-08 01:54 | in art in science