ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
<   2010年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
雪とほのう
神宿るような、力強い炎を見てきました。
えっちらこっちら自家用車で東京を出発、日本のエーゲ海(笑)と称されている岡山・牛窓の宿で牡蛎のリゾット(もちろん地産地消&自炊)を堪能し、ずんずんと山陰へ・・・。奥出雲でパートナー(S氏)の勉強にくっついて日刀保(日本刀剣保存協会)の「たたら」での作業を見学する機会を得ました。「たたら」は、日本古来の製鉄法。
日立金属の解説によれば、「たたら」ということばは「ふいご」の意味を持ち、転じてふいごで吹く鉄を精錬する炉を呼ぶようになったそうです。宮崎駿さんの「もののけ姫」でご存じの方もあるかもしれませんが、日本書紀に登場する姫の名前に「たたら」というものがあり、さらにそれは出雲の神の姫だそうです。現在の山陰奥出雲「たたら」製鉄にも関連がありそうで、驚きます。(ちなみに古代インド語のサンスクリット語でタータラは熱の意味だそうです。)
許可書(ものものしい)を発行されていたのはS氏ひとりだったのにも関わらず、雪の中、窓から炎を眺めてワクワク、うろうろしているすいれんと私も、特別にたたらの中に入場させていただくことができました。(ありがとうございました。)ラッキー。
今回見せていただいたたたらは、高い天井に換気の窓が開けられた大きな薄暗い小屋で、中央に土を持った炉があり、片側から今は電気式のふいごで空気を送る仕組みになっていました。規則的に「ふ〜」とうなるふいごの音、送り込まれた空気によって大きくなる炎と相まって、まるで火を吹く生き物が横たわっているような様相。ほとんど素手に近い製鉄の職人さんが真砂砂鉄と炭を炉に投入してゆく様は、ほんとうに神秘的でした。「たまはがね」は砂鉄13トンから1トン程度しか作れないそうです。この「たまはがね」をつくる製鉄法は「ケラ押し」といって操業開始から終了まで三昼夜、約70時間かかるそうです。今では刀剣の需要も少なったので、主に伝統的な製鉄法を保存するため年に数回操業されているとのことで、貴重な機会でした。
待合の事務室は、ミネソタ大学の美術学/鋳物彫刻家でもある教授が取材を受けていたり(すいれんと遊んでくれたおじさんが、実はそうだったと後で知りました)、研究者らしき人たちが立ち話していたり・・・みなさん静かに興奮している様子が伝わってきて不思議な世界。
それにしても、ふきあがる炎は、まさに不動明王の火炎の光背の様に複雑なかたちをしていて、その動きにみとれてしまいました。そして、天窓から吹き込む粉雪と熱気が激しく踊っていて、幻想的な光景として網膜に焼き付いています。すいれんは、激しい炎を怖がることもなく、驚いた表情で眺めていました。大人以上に熱くまぶしかったのか、20分くらい経つと見学に来ていた日立金属の方々のヘルメットを「何なんだ〜」と気にしだしたので中途退座(笑)あとは雪遊びをたっぷり堪能いたしました。
d0020310_1124998.jpg

by book-tokyo | 2010-02-04 04:45 |
雪、積もりましたね
雪が積もりましたね。
もう1週間も経ちますが、先日旅してきた奥出雲のしんしんと積もる雪と違って、また里山の雪景色も趣があることです。なにしろ、我が家は坂の上にあるため、雪が積もると軟弱な車たちで町へ出て行くことができません。パートナー氏が早朝から雪かきをしてくれて助かりましたが、もう少し前にお勤めのため果敢にも坂を降りようとしたお友達が、途中の空き地で雪どけを待機しているのを見てどきどき。なんとか平地までたどりつくことができました。昔は良くこんな雪が降ったと・・・雪かきのシャベルを使ってご近所のおばあさまが道を除雪してくださっていて恐縮。ご自宅周りだけではなくて、我が家の前や坂のあたりまで。福井が実家の同僚に聞いた話では、かつては、雪が降ればみんなが出てきて通学する子供のために除雪したそうです。助け合いは、こんなささやかな日常からなのかもしれません。ほんとうに、頭の下がる思いでした。
d0020310_11553515.jpg

by book-tokyo | 2010-02-02 11:42 | 呟き