ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
もうひとつの世界
産まれてきてからすいれんの身近にあるもののひとつ、父親のカメラ類が危機にさらされています。といっても、7屋さんへの奉公出しではなく、そのすいれんによって・・・のお話。
ぱっしゃっと開いて見える正方形のフレーム越しにみえる風景は、実際の風景よりも美しいと感じるような淡いイメージの明るい世界。すいれんにはどのように見えているのでしょう。いつもは注意深く高いところに置いてあるカメラが、いつの間にか彼の手中にあってフレームを覗いていて驚きました。内心はらはらしているとうさんの膝の上で、今日は特別にがちゃがちゃ、シャッターを切る方法を教授してもらったすいれんは大得意です。分解できたよ〜と嬉しそうに報告してくれる日も遠くないと、密かに感じた母でした。ちゃんと片付けておかないとね(笑)
d0020310_11413747.jpg

by book-tokyo | 2010-01-23 11:35 | カウントダウン
730日、もう・・・
果てしなく遠く感じられる出会いの日から、730日経ちました。遅ればせながら、先日無事に我が家の坊も2歳になりました。
何歳になったの?と聞くと、指を1本づつ立てて合わせます。まだ「ピース」は難しい模様。何度も私に自分の指で「ピース」を作ってもらって前に差しだそうとするのですが、すんでのところで中指や薬指も立ってしまいます。指を自在に動かす運動神経は、まだこれから発達する模様。鉄棒にぶらさがる時にも、4本指でしっかり握っているので驚きます。
母親にとっては、妊娠中にも一心同体だった気持ちがあるので、出会いから2年といわれもぴんとこない。まだあどけない我が子をながめつつ・・・そうですねぇ1000日くらい一緒にいた感じでしょうか。
まったく、自分自身そろそろ産まれてから40年経つ頃だと思うに、情けないやら励まされるやら、様々な思いがわき上がった一日でした。
実家の両親や妹から届いた贈り物を渡すと、お祝いとは思わずとも嬉しそうにしている様子も不思議でした。子の誕生日は、両親からのお礼をする日なのかもしれません。このありがとうの気持ちを、これからも忘れないようにしておこうと思います。「お礼に作ったいちごのババロアに立てた「2」のろうそくが、少し具体的過ぎた(笑)来年は3本にしよう」などと思っているヘンテコ母に、よくやって来てくれました。ありがとう。そして、すいれんに暖かいまなざしを注いでくれたすべてのみなさまへ感謝です。

母妹手製のポシェットをもくろみ通り電車に見立てて遊ぶ図
d0020310_11313652.jpg

by book-tokyo | 2010-01-23 11:10 | カウントダウン
邯鄲のごとし夢のあと
久しぶりに、実に3年ぶりに能を観にゆきました。
ふといつも読み流しているMLから、ついオンライン予約をしてしまった。乳飲み子のいる身の上にも関わらず、快く行っておいでと言ってくれるパートナーと、バイバイとご機嫌よく見送ってくれるすいれんに感謝しつつ、舞台が暗転し、囃子方や地謡が現れた時には思考全身があちらの世界へ行ってしまいました。

世田谷パブリックシアターでの能も、野村萬斎主催の「能楽現在形・・」も、初めてでした。めでたく祝言の能「高砂」から始まり、能は「邯鄲」。
「高砂」は半能だったので、萬斎氏がひた面で登場するシーンはわずか、後半の「松の神の化身」の神舞がメインだったのですが、テンポも良くめでたい金糸づくしの装束が舞台に映る様が新鮮で、あっという間にお仕舞いになってしまいました。ただ、鏡板(古典的な能舞台のバックには松が描かれている)の替わりにつられた大きな幕が松風に揺れる演出などは、確かに具体的で判りやすいものでしたが少し目障りのように感じました。

そして私が好んで観たいと思う夢幻能の中でも、様々な手段で描かれてきた演劇性の高いと言われている「邯鄲」を、ようやく観ることが出来ました。「邯鄲」は中国の故事に由来した能で、人生に迷いを感じ故郷を旅立った青年が、休みを求めた宿でひと眠りをすすめられ渡されるのが「邯鄲の枕」。青年がその枕に頭した瞬間に舞台は・・帝の位に就き、50年があっという間に過ぎて菊水の盃で千年の命をさずかった、そして舞に興じる青年をみせる。賑やかにツレの舞、絶妙なリズムの囃子方がクライマックスに達した瞬間、宿の女に起こされた青年は、その栄華がひとときの夢であったことを悟り、静かに宿を去る。かつて友枝昭世シテの喜多流 『烏頭』を観た時に感激した「時間軸の変化を感じた一瞬」は、今回の舞台では演劇的な演出によって表現されてしまっていたけれど(扇で寝床を模したひな壇を2回たたく、吊り下がるランプが豪奢な4灯から簡素なものに入れ替わる)、ただ片山清シテが全身で表現した「華やぎ」から「茫然」への転換は素晴らしかった。
主人公である青年が「邯鄲の枕」を宿の女に返し、かすかにお辞儀のような仕草をみせてから去る結びからは、彼が先に進むのか、故郷に戻るのか、何を悟ったのかを明確にはしていません。劇場が明るくなってからまさに自分自身が舞台に置き去りになってしまう仕掛けだったのかもしれません。

そしてツレは女性が唄を舞、それが青年が見た夢をリアルなものに感じさせてくれたのが不思議でした。宿の女主人を萬斎さんが演じたからなおさら。今回はまた大鼓方の亀井広忠がとても良かった。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
夜は家族と合流、最近めぐりあった素敵なお友達一家のおうちでご馳走になりました。現実です(笑)
イラストレーターでアートディレクターのカヨさんは、お料理も上手。そしてなんと子供の時から仕舞をたしなんでいるとのことでびっくり。少し遠ざかっていたお話の世界が、また生き還ってきました。
by book-tokyo | 2010-01-16 23:38 | 呟き
斎藤良さん:「いけにえ展」 に。
「いけにえ展」
2010年1月4日〜1月17日
創造空間9001(旧東横線桜木町駅舎)
横浜市中区桜木町1-1-75  TEL 045-226-5511
 JR桜木町駅改札を出て右隣

明日までの開催となってしまうのですが、以前の同僚、斎藤良さんが二人展を開催されています。
年始にいただいたDMに「いけにえ」と控えめで上品なデザインで書かれているのを読んで、どっきりとしました。「これは岡本太郎が自分の作品を「社会のいけにえ」と表現した事に由来する展覧会タイトルで、
齋藤良さん・杉山孝貴さんという2名の作家さんの個展になっています。」(旧東横線桜木町を改装したイベントスペース創造空間9001のスタッフ)
実は、「ためいき/永続する言葉」という映像作品は、私とパートナーがひとりずつモデルになっています。斎藤さんのこれまでの作品は、大がかりでいて繊細で、シリアスなコンセプトが見え隠れしつつそれが美しい幻想的な表現にのってとどまっては流れてゆくような・・・ご本人のぼのぼのした風貌(失礼・笑)と裏腹な印象があるので、楽しみにしています。
まだ実際の空間を見ていないので情報の投稿のみになってしまい申し訳ありません・・・。明日、展示会場の撮影を依頼されたパートナーの助手(?)ですいれんと一緒に伺う予定です。
by book-tokyo | 2010-01-16 22:31 | art&...
本年もよろしくお願い申し上げます
謹賀新年
ことしの元旦は、雲ひとつ無い美しい夜空に満月がぽっかり。夜明けと共に一層輝いて、それは見事な眺めでした。昨日までと変わらずに目覚め、窓からの風景を眺め、いっぱいの水を飲む。
あれ・・・と思いつつWebサイトで各地のニュースやレポートなどを読んでいると、ちゃんと初詣の人出などの記事もあり、間違いなく元旦なのだと確かめている自分が、可笑しかった。同時にWebサイトはまったく異なった夜を迎えた地の様子も伝えてきて、おめでたい雰囲気で盛り上がろうという勢いに水を差す。
子供を持つと、「いただいてきたものを、伝えたい」と思う気持ちが出てくるものなのでしょうか。1年の節目に大掃除をして、正装して迎える食卓にお節料理が並び、家族そろって過ごした・・・日向の匂いのした一日が、懐かしく思い出されます。結婚して以来、年々減ってゆくお節料理の準備も、ことしは黒豆を炊く程度で終わり、母のお節料理が懐かしいと思いながら迎えた元旦。両親から贈られた重なる年の瀬の幸せな日々に感謝。
いつもクリエイティブで美味しいご飯で生きる力を呼び覚ましてくれる・・そう、ついに研鑽のかいあって美味しい年越し蕎麦を披露してくれたパートナー氏にも感謝。
かたわらで、腕をいっぱいに伸ばして私を呼んで、全身で抱きしめてくれるすいれん、この世のものと思えない笑みでわたしたちを幸福で満たしてくれる息子に感謝。
そして一年間、暖かいまなざしと、厳しくありがたいメッセージで支えてくださったみなさまにも感謝。

ことしはどんな一年にできるでしょう。Webサイトは世界を傍観できるけれど、自分自身の脚と目の感覚が、深い記憶となって次の一歩に繋がることを忘れずに・・・・たくさん歩きたいと思います。今年もengawa、磨いておきます。ほっとひといき、お立ち寄りくださいませ。みなさまの幸多い一年をお祈り申し上げます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
by book-tokyo | 2010-01-01 07:30 | 呟き