ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
ひとつづつ確認してゆくこと
早いものでもうじき1歳になるすいれん。それにしても、ものすごい勢いでこの人間の世界というものを探索している。ほんとうに、別次元、別世界からやってきた宇宙人のように、ひとつひとつのモノ、コトを自分自身で確認して、学んでゆく様子は感動的ですらあります。例えば「堅さ、柔らかさ」。おでこを色々なところにぶつけ始めた頃は驚いてしまい、時々それを制止したものですが、最近は気の済むまでそっとしています。壁、机、ガラス、冷蔵庫、箪笥・・・・。ふと気になるのか「ゴンゴン」と頭を打ち付けるのです。痛いのではないかと心配になりますが、本人は少し微笑んで、楽しそうですらあるのが不思議です。10ヶ月検診の際にその奇行を問うたところ、怪我をしないよう注意してあげてください、とにべもないお返事。小学校にあがるまで続けるお子さんは「ほとんど」いません。とのこと。こんな風に「身を挺して」知ろうとするお仲間がいるらしいことを想像しました。
例えば「なめる、かじる」。ただの味見では済まない「なんでも口にいれる」行為は、ただならぬ状態でした。今でもその勢いはとどまりませんが、それこそ砂、紙や植物、石、小枝、机や椅子、手すりや窓枠まで、とにかく目に入る新しいものはほとんど唇、歯茎や舌で確認。あきらかに美味しくないだろうと思われる人工的な素材も迷いなくカジカジ。こうやってどんなデータを収集しているのでしょうか。そして面白いのは「落とす」行為。これもある時期の赤ちゃんに訪れる流行なのですが、手にもっているものを上から落とす。拾ってあげても落とす、とにかく繰り返す。瓶もハンカチも、スプーンもガラガラも、ペンのキャップですら何度でも繰り返します。高いところから落として音を聞いたあと、わざわざ椅子から身を乗り出し首をのばして落ちた先を確認する様子が面白いので、私も根気よく拾っては渡してずいぶん遊びました。重たいフライパンも缶詰も空き瓶もちゅうちょなく落とします。重さ、音、転がりかた...時々自分の足に落ちてべそをかきますが、同じことは滅多にしないので、全身を使って学んでいっているのだと感心します。(賢明な母はその前に止めるのかもしれませんが....)こんな風に恐れを知らずに感覚を開放できる宇宙人も、だんだんと地球人の中で身を守るために感覚を閉じてゆくのだと感じます。できるだけ長く、全身と全感覚を使って自分自身で世界を感じることができるよう守ってあげられたらと思うこのごろです。まだまだ旅は始まったばかり....。
落としたものを「乗せてみる」のもお気に入り。石けんは引き出しの中・・・ではなく?d0020310_073634.jpg
by book-tokyo | 2009-01-20 00:09 | カウントダウン
クラウド、というひびき
アップルが、「.Macサービス」を「MobileMe」と命名変更した時に、ふと気がづくとiDiskやWebメール、様々なサービスを提供する概念を「クラウド」と呼称していました。確かに.Macサービス時代からそれらはクラウド・コンピューティングを提供していると言えたので、この機会にはっきりと言ってしまおうというアップルらしい呼称です。
コンピュータ、インターネットの概念に詳しい知人と話しているうちに、彼が注目しているもののひとつに「クラウド・コンピューティング」があると聞いて、改めて「雲」がただよい始めました。あまりにも多岐に渡る概念なのでつかみ所がありませんが、SaaS(Software as a Serviceの略、サース)などはライセンスやパッケージでのソフトウエア購入恐怖(?)のユーザ、管理者には魅力的なサービスなのではないかと思われます。インターネットの世界は玉石混合。限りなく可能性の広がる世界であると同時に未知である怖さも併せ持っています。ゆっくりと、繋がり合った様々な方向から眺めつつ興味を持って関わってゆきたいものです。iPhoneのAppStoreの命名も気になるところ。
by book-tokyo | 2009-01-18 01:31 | in art in science
黒糖の季節
長崎、黒糖と聞いて暖かい処を想像していたところ、思わぬ寒さに驚きました。雲仙岳の麓とあって、冬は雪の降ることもあるそうです。沖縄本島からはるか南の波照間島では、黒糖の生産は12月から4月頃までの間でした。サトウキビは夏植えは1年半、春植えは1年で収穫なので、収穫期にあわせて時期をずらしながら植えていました。ここ宮塚さんの畑のキビはすでに収穫済み。
到着から一夜明けこどもたちの朝ご飯をすませて外に出ると、かまどが設けられ、キビを絞る機械、大きなお鍋、冷やし固める型などがおかれた作業場ですでに宮塚さんご夫妻の共同作業が始まっていました。青々とした匂いが立ちこめていて、まだキビ汁はさらさらの状態。朝8時頃に作業をはじめて、炊きあがりはお昼過ぎ2時頃になりました。キビ汁がこんがりと香ばしい匂いに変化して、黒蜜のようになると完成間近です。(下のコメント&写真)小さな陶製の鉢にうつして、棒で空気をいれながらかき混ぜると濃縮されたしょ糖が結晶化した「白下」が分離することを妨げて、流し固めることができるようになります。この力のいる作業を人手で行うのは大変なこと。ここでも宮塚さん夫妻のコンビネーション抜群です。
ところで、冷え固まってしまう前の、ほんのり温かい「白下」状態のお砂糖はほんとうに美味しい!
黒糖談義になると話が止まらなくなる私ですが、翌日ももう一度作業を見させていただいて、また1頁黒糖ノートをめくりました。いつか沖縄の島々、南の町村の黒糖つくり現場を巡りたいものです。d0020310_2393761.jpg
by book-tokyo | 2009-01-10 12:58 |
黒糖ソング
ふたりの息は抜群です。
火加減をみるのはイネコさん、かき混ぜながら蜜の様子をみるのは宮塚さん。二本の木べらでぶつかり合わないよう、まるで唄いながら湯揉みをしているように軽やかで楽しげで・・・。お手伝いと称して宮塚さんの木べらを交代させていただいたものの、お砂糖の匂いが変わってきたころには、「そろそろおとうさんと交代してねぇ」とイネコさんの優しい声かげが・・・。砂糖が煮詰まるのは一瞬のことなので、ぼんやりはしていられません。
煮詰まってきたら、かまど番のイネコさんがまだ湿ったキビのカスをくべて火を弱めてゆきます。こどもたちも、赤く燃えるかまどの火に興味津々。おおきなお鍋からあがる湯気を掴もうと身を乗り出したには驚きました。お鍋におっこちて煮えちゃうぞ〜。d0020310_22444219.jpgd0020310_2311204.jpg
by book-tokyo | 2009-01-10 12:00 |
雲仙の麓にこんな生活が
長崎へ行ってきました。
すいれんと、お誕生日が3日お姉さんのおともだち(赤ちゃん)とそのおかあさんと。
ユニークな生活をされている宮塚さんご夫妻が、黒砂糖を作るのを訪ねるというライターのおともだちにお願いして、ご一緒させていただきました。雲仙の麓、酪農や農家の点々とする北有馬に齢79歳になる宮塚さんは、お肌つるつる、髪も黒々とふさふさされて、キラキラ光る瞳をしっかりと見据えて生活されていました。
食料はもちろん、石けんも自家製なたねを絞って自然のもので作っていらっしゃって驚きました。
もくもくと煙る雲仙岳
d0020310_12583931.jpg
by book-tokyo | 2009-01-10 11:48 |
そばうち
家人(男)はさいきん「麺類」に凝っており、日々実験中。昼ご飯、夜ご飯といわず、仕事帰りの夜食まで、麺類は自家製。
昨年末に間に合わなかった年越しそばも、今年は数日前から復習を重ねてリベンジ。美味しいおそばをいただくことができました。研究熱心なT氏の根気は職業柄なのか半端ではありません(笑)
うどんはこねる力と根気が、パスタはソースに相応しい太さ長さのあること、そして蕎麦は足し引きができない一瞬の勘が必要であること・・・などなどを傍らでみながら、試食担当ながら実感。道具も家にあるものを代用することから始まって、美味しく作るためには道具にも理由があることに気づきがおこり、粉もさまざまなものを購入できるので、つるごっくん、を超えた麺のお味を堪能することができます。かつては自家製があたりまえだったとはいえ、段取りとひと手間のいる製麺。でも、とにかく美味しいのです。当初は大混乱だった台所も、今は作業前の工房のように片付いて終了。すばらしい!d0020310_12483957.jpg
by book-tokyo | 2009-01-07 12:27 | 呟き
あけましておめでとうございます
2009年も、すいれんとパートナー、家族の穏やかな笑顔の中、迎えることができました。みなさま、どんな元旦をお過ごしでしたでしょうか。

ささやかな幸福を感謝する家庭の窓からちょっと外を覗いてみると、世界は解決の糸口のみつからない積み重なった歴史の重みにゆっくりとあえいでいるようにも感じます。
見通しの良い縁起をかついで酢蓮を美味しくいただいても、我が家はもともとどこへ続くかわからない道なき道を進む旅芸人。不況好況にも縁遠いとはいえ、隣人も、環境も、社会も、地球の裏側をめぐって網の目のように繋がりあって、ゆっくりと波打っていることを感じるこの頃です。
目下、0歳にして小さな社会デビューするすいれん(わたしの育休終了のため、日中は保育室で過ごしてもらうことになりました)と自分自身の心身メンテナンスに私の神経は集中しているのではありますが、わたしたちをとりまく環境をゆっくりと見回すことも忘れずに過ごしたい。ちいさな人は、全身で喜びや悲しみを表現しながら、彼らに何十年も先に続くべき未来があることを教えてくれるように思います。すいれんや、その仲間たちと遊びながら、遠くを見ながらも今できる最善のことを選択してゆきたいと改めて実感する時です。
あくなき好奇心は自分自身が生きてゆくために。今日も産まれつつある新しい仲間たちのためにも、繋がりあう掌とそのもう一歩先の掌を想像することを忘れずに。

本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。
by book-tokyo | 2009-01-02 09:18 | 呟き