ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧
感動的なまでの微妙な曲線
守られるべく、可愛らしさを備えた赤ちゃんならではの曲線で囲まれたフォルム。関節でくびれるものの、はちきれんばかりのムチムチした手足は、触ってみると案外と弾力があります。それと同じ感触で、例えようもないのがほっぺた。最近は、スリムな赤ちゃんが増えているとかいないとか。確かに街や検診で見かける赤ちゃんは、ほっそり、顔も小さくて、頬もすっきりしている子が多かったようにも思います。幸か不幸か、スイレンは典型的な赤ちゃん体型。絵本に出てくるような、レタス人形のようなフォルムです。この今にもおっこちそうなほっぺたも、触ってみるとお餅どころでなくゴム鞠のような弾力。ひんやりとして、触覚が消えてしまいそうな透き通った・・・不思議な感触なのです。こればかりは、なかなか人工的に創造できないのではないかと思います。
可愛らしいから、この感触を心地よく感じるのか、心地よい感触を持っているから、可愛らしく感じるのか、まじまじと飽きずに眺めて時間が経ってしまいます。d0020310_20305132.jpg
by book-tokyo | 2008-05-16 20:32 | カウントダウン
検診&予防接種 十人十色
3~4ヶ月検診&BCG予防接種
過日、検診とBCG予防接種(別々の日にある)に行き、大勢の同じ月齢の赤ちゃんに会ってきました。まぁ、十人十色というのか、大きさ、目つきも泣き方も(笑)それぞれが異なっていて、驚きました。
大人の中で過ごすことが多かったせいか、スイレンは赤ちゃんを連れたお母さんに一生懸命に微笑みかけるものの、同い年の赤ちゃんに触られたり、あうあうと声をかけられると、口をへの字に曲げて私の胸に顔を埋めてしまう始末。そろそろ要公民館デビューか・・・。
1ヶ月近く海外へ旅していたT氏も無事に帰国し、スイレンの遊びにもバリエーションが増してきました。お気に入りはサーカスの空中遊泳のように身体を空間に浮かべて部屋を移動してもらうこと。今は、視野に入る陰や光を追い、私には見えない何かをじっと見つめて過ごす時間も楽しんでいる様子。この時期の赤ちゃんは、手足が自分自身のものであることを発見し、身体の中心線にある口へ持ってゆく運動神経が発達し始める頃だそうです。時々、熱心に手のひらを眺め、用心深く口へ入れているところが見られます。上手に口に入れられない時は、指先が鼻やほっぺにぶつかります。これに熱中すると、両拳を入れようとしてややヒステリックになっている事も(笑)
もうひとつ、この時期の赤ちゃんの様子で気になることは、頭蓋骨の隙間(前頭葉部)にある大泉門という柔らかい部分が、鼓動をうってペコペコ動いていること。頭のてっぺんが、鼓動している様子は見ているととても不思議です。
スイレン、大きくて驚かれる。このむっちりした脚・・・。d0020310_15192775.jpg
by book-tokyo | 2008-05-14 15:19 | 呟き
凸凹フェスタ、何とか搬入
「凸凹フェスタ」という活版に関するお祭りに参加します。活版について知るために、そのほかの様々な版種も知って貰おうという「作家展示」の部屋です。過去に制作した石版画+活字印刷、画文+活字印刷、CG+インクジェット出力+凸版スタンプなどの作品を昨日、すいれんを連れて搬入して参りました。
旧四谷第四小学校が会場。展示室に生まれ変わった2教室のうちひとつは活版に関する部屋、ひとつは作家の作品展示の部屋となっています。
昨日はまだ会場設定中だったのですが、地味ながら濃い内容になりそうです。印刷に関する道具、小物、活字や、活版刷りのカードや書籍販売もあり、博物館の資料展示と違って、手で触れる(体験ワークショップもあります)ものがたくさん置いてある蚤の市のような楽しいイベントといった趣きです。
ぜひ朗文堂さんのサイトもご覧下さい!
朗文堂ニュース

(2008年4月から本格的に始動しているNPO法人 市民の芸術活動推進委員会(CCAA)の活動もなかなかユニークです。)

【会期】2008年 5 月 2 日(金)– 12 日(月) 11:00 – 18:00(最終日は 17:00 まで)
【会場】CCAAアートプラザ ・ギャラリーランプ
http://www009.upp.so-net.ne.jp/ccaa/
東京都新宿区四谷 4–20 四谷ひろば(旧四谷第四小学校)
東京メトロ丸の内線 四谷三丁目駅徒歩 7 分
都営地下鉄新宿線 曙橋駅徒歩 7 分
【主催】朗文堂 アダナ・プレス倶楽部
by book-tokyo | 2008-05-01 17:22 | design&...