ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
<   2008年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ルーマニア〜ハンガリー〜ブルガリア、そしてセルビア
東欧をさすらっていたT氏から、ところどころからメールや電話が届くことで、遠い土地を旅している感覚を思い出します。もうじきセルビアへ入国するので、しばらく電波が繋がらないからと、短い電話があった時、また、日本にいると遠くなった感覚が少し蘇ります。
バルカン半島の国々では、民族の違いから生じた(そして欧米露の内政干渉も潜在的には影響しあって)国家間の紛争が終結したように見えても、土地を訪れるといまだにクリアにはなっていないことを体感する状態です。とはいえ、市民はいたって平穏に日常生活を送っているのですから、ほんの少し観光で滞在している程度では気づかないことが多いのでしょう。私がセルビアやクロアチア、ボスニアを旅した時にはそうでした。入出国する際にT氏が気を遣っていたことは印象に残っているのですが、今回の旅でも、自由にお好みの旅程を組むことはできないのが現状のようです。
国境のない日本で暮らしていると、想像できない感覚です。電波や文化は政治的な影響を受けないかぎり、自由に海を越えられる時代になりました。隣り合う国境を越えると文字も言語も宗教も違う国々では、心や記憶も長い民族の歴史から自由になるのは難しいのかもしれません。彼の国々の様子は、3年前と、去年と、今年はどんな違いがあるでしょうか。旅の話が待ち遠しく思います。
by book-tokyo | 2008-04-26 01:26 |
TENORI-ON いよいよ日本でも
今夜、行って参りました。諦めかけていたTENORI-ONのラウンチイベント、ほんの少しでしたがデモで遊んで、演奏を見ることができました。
TENORI-ONというのは以前のブログにも書いたのですが、YAMAHAとアーティストの岩井俊雄氏が共同で開発した、シーケンサー(新しい楽器の概念?)です。
To Rococo Rotというドイツの3人組がTENORI-ONと遊ぶように演奏しているのを見て(聴いて)、それから岩井俊雄氏のTENORI-ON発売までのプレゼンテーションがありました。発売というのは・・、U.K.先行だったのですが、ようやく5月12日に日本でも発売されるそうです。岩井氏が大学生の頃からアイデアを発展させて続けて20数年経っていると聞いて驚いたものの、丁寧に、そして判りやすい言葉でプレゼンテーションする岩井さん本人の静かな興奮が伝わってきて感動しました。思えば、私も切れ切れに岩井さんの作品を追ってきていた・・・。
このシーケンサーは、ミュージシャンが使うより、画家や工芸家(特に織など)が使うと面白い音楽が生まれるように思います。ビジュアル的に、4×4のマス目の中におかれた○(リズム)の面白さや、音やリズムが光でも表現される事がこの楽器の特徴で、それはPCや、キーボードなど従来の楽器と一緒に人間が立って何かをしていて(笑)、スピーカーから音が出てくるようなスタイルとは異なる表現のポテンシャルを持っている・・・岩井さんが例えたのは「テルミン」。楽器のかたち、演奏スタイル、そして見えない音が、いづれの楽器とも違うユニークなことを目指しているように感じました
。そこが、ミュージシャンというよりもアーティストとして開発に夢中になった理由なのかな。勝手にそう思いました。
あれこれ書きましたが、TENORI-ONのリズム作りの根底には、スティーヴ・ライヒやフィリップ・グラスなどのミニマルミュージックに見られる単純な反復のリズムが心地よく感じる(あるいは単に気になる)時の、感覚の生理?に似たものがあるのではと、ますます興味が湧いてきました。
「手回しオルガンの楽譜(紙に穴が開いています)を、逆さまに装置へ差し込んでみると、美しいと感じた曲は逆さまに演奏しても美しいと感じた。(まるで異なる曲に聞こえるけれど)一体なんなのか?」これがTENORI-ONが生まれる最初のきっかけだそうです。
(そう、バランスがとれている穴の配列は、逆さまにしてもバランスがとれている、という発見だったのでしょう!)
by book-tokyo | 2008-04-26 01:07 | in art in science
まる3ヶ月の旅
3ヶ月ものあいだ、どこかへ旅に出掛けることはまだ無いけれど、初めての土地に住んでから3ヶ月のあいだに、どのくらい知ることができるだろう。
すいれん、明日で生後3ヶ月になります。
毎日一緒にいても、日々何か新鮮な驚きと感動があるなんて・・・これはどんな小説にもならない感覚的な喜び。そうして、次世代へ命を繋いでゆくための母性本能でもあると思えます。そうと判っていても、この感覚に抗えないことを楽しんでいます。
初めて何かをすることができると、赤ちゃんも嬉しいのですね(笑)にじみ出る喜びが、全身に表れるのを見ると、それだけで感動します。ことばで伝えられない感覚が、涙になったり嗚咽になったりする・・伝えようとする力に驚きます。
この数日の間に、森の中から聞こえる見えない鶯の姿を探すように木立を見つめ、鳴き声がこだまするたびににっこりと微笑むようになりました。
お腹が空いたり、おしめの具合が悪かったり...とは異なる感覚に反応しているのでしょうか。
この頃の赤ちゃんには、わたしたちの目には見えない何かが見えているようです。
まだ猫には無関心です(笑)
d0020310_21494688.jpg
by book-tokyo | 2008-04-22 21:50 | カウントダウン
ミラノサローネ2008またまたYAMAHA
今年もイタリア・ミラノで開催中ですね。
昨年末に亡くなったエットーレ・ソットサス氏のスタジオに、いつか遊びに行ってみたい(スタジオは、アトリエに作品展示スペースが併設されている)と思っていた。そしていつか行きたいミラノサローネ、今年も叶わず。
この3年ほど毎年通っているパートナーから、トルトーナの盛況ぶりや見本市のクラッシックぶりを聞いたり、毎日のように更新されるWebサイトでのレポートを読んでも、現地の空気や街の動きはなかなか体感できないものです。
情報網が発達したおかげで、足を運ばずとも得られる知識は増えたのですが、旅をする人が知っている、身体で感じる気配こそがわたしたちに旅をワクワクさせ、新しい感覚を与えてくれるものだといまだにデジアナな私は思っています。
旅の土産話は、そんな潜在化に眠る感覚を呼び覚ましてくれる刺激のお裾分けでしょうか。新しい感覚は、みずからの身体で!この1年、どんな土地にも変えられない子供に出会う旅の途中ではありますが、そろそろ「移動」への願望もムクムク。

TENORI-ONに続いてしまいますが、今回のサローネでYAMAHAの「Key for you」が面白そう。そのうち日本でも展示があるとは思いますが、様々な楽器のプロトタイプ展示。Webサイトも楽しいのでお薦め。なかでも「Key for journey」はすてきなコンセプト。画用紙と鍵盤が組み合わさっているスケッチブックのようなかたち。開いて閉じて、スケッチしては持ち歩けて・・・!プロトタイプも、ちょっとしたjourney、お土産話みたいですね。体験できないけれど、想像が膨らみます。
そう、TENORI-ONもICCのオープンスペースで見ることができるそうです。
今年も、サローネはお土産話を楽しみにすることにします。
by book-tokyo | 2008-04-20 04:20 | design&...
8キロパーセク何周目?
前回の投稿から、はや一ヶ月近く経とうとしています。赤ちゃんには「お変わりなく」という挨拶はできないのですね。毎日、毎朝、新しい発見と更新の繰り返しで驚きます。昨日のぼくと今日のぼくは別人、なんて呟かれても納得してしまうくらい(笑)
このひと月に、ドライブや展覧会へのお出掛け、電車やバス体験をしたものの、まだゆりかごが移動した程度。とはいえ、マスクの人や車窓に興味を示すなど、好奇心をそそられた様子でした。
今日は、朝方いつものようにおはようの挨拶を交わしたあと、ふと猫のぬいぐるみ(キキ)にも「おはよう」を言わせたところ、キキに向かって微笑んで盛んに話しかけました。今までぬいぐるみには無関心だったので、驚いて家中のぬいぐるみに対面させてみました。なんと、クマ(未命名)のぬいぐるみには、掴んで倒すほど興奮。いったい、どのあたりの神経&感覚の発達でこうなるのか・・・まさに別人のようなすいれんに、私もやや放心してしまいました。
夕方になるころには、ふとうつぶせにした位置からイヌの(スヤスヤ)に向かって腕立てて背筋。本人も嬉しかったようすでにやぁっと笑っておりました。
なかば水中でぷかぷかしていた新生児時代から二足歩行になるまでの長い旅路、寝返りできるようになるのはもうすぐ?(声でのコミュニケーションよりも寝返りの方が後というのは意外です。)
スヤスヤに向かって顔を起こすd0020310_3472851.jpg
by book-tokyo | 2008-04-20 03:48 | カウントダウン