ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
<   2007年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
9月3日、ギャラリートークいたします
早いもので、8月ももうすぐ終わり。
今年の夏は尋常でない暑さで、先週早々にエアコンの無い我が家での制作についにギブアップしました。汗も乾いてしまうほどのけだるい暑さの中、日中は気がつくと眠ってしまうのです・・。遠くなった意識に『ベニスに死す』(映画です)の主人公が浜辺でぐったりしている光景が思い浮かんでしまうほど。
ギリシャでは山火事が多発しているとか・・。恵みの雨が待ち遠しいですね。

ギャラリートークのお知らせです。

「森を抜けて」ギャラリートーク
9月3日、17時から18時30分頃まで
art space Kimura ASK? ギャラリーにて。
展覧会詳細はブログ下記展覧会のお知らせにも記載しております。

高木隆司氏(神戸芸術工科大学教授)
石垣健氏(arsnote lab. COMA CRAFT)
佐賀一郎氏(女子美術大学大学院)
坪谷彩子
他...

アーティストにとってのサイエンティスト的視点、サイエンスとは。アートやデザインはコンピュータやサイエンス的視点をどのように扱えるのか。「アートとサイエンスの融合」といったフレーズを最近耳にする機会が増えましたが、いったい・・・。

高木隆司氏個展『サイエンスからアートへ』展や、Arsnote Lab.の石垣健氏を中心に取り組んだ『RIKEN Art&SCIENCE展』(2005年 神戸国際会議場)を紹介しつつ、タイポグラフィやデザイン研究者で活版印刷技術を「造形と自然との間に、サイエンティフィックな関係が成り立っていたのではないか」と考える佐賀さんを交えて、個人的にはアナログ人間の私がどうしてここにいるのかの疑問も探りたい・・。
結論を導くのではなく、それぞれの次に繋がる機会になれば良いな・・と思います。
デザインやアートに関わる、関心のあるみなさまやコンピュータを使っているものの、晴れない(?)疑問を持つ学生のみなさま、お気軽にご参加くださいませ。

ギャラリートークのあとは、そのまま20時までオープニングとしてギャラリーを開けていただけることになりました。ぜひお立ち寄りください。

それでは、どうぞよろしくお願い申し上げます。
by book-tokyo | 2007-08-25 16:50 | art&...
多摩川花火
今年は世田谷区区政75周年とのことで、区政も変わったせいもあり数年ぶりに世田谷区側でも花火があがりました。川崎側、世田谷側と、田園都市線を挟んで2カ所で打ち上げられた花火大会は壮観でした...。双方が6000発あげたとのことなのですが、聞き慣れない音と振動に多少呼吸困難になりつつもその音とうらはらに儚い火の粉にしばし見とれた夜でした。
世田谷区川岸で見たのですが、昨年までの川崎市花火と違って企画もの(童謡シリーズ、子供デザイン...etc.)が多く、カエルやウサギ、ニコちゃんマークなどの形が上がるのは良いのですが・・・花火創りのテクニックにひたすら感動したものの、実際の花火はふ〜んという感じ。大人は少々興ざめしていた様子。
私が最も面白く感じたのは、『江戸時代の花火・最古の江戸花火』と『コンピュータ制御のスターショー』でした。コンピュータ制御とは打ち上げタイミングを制御してショー仕立てにしている?のか地面からあがる炎の軌跡がとても美しく感激。
そして最古の江戸花火の再現と称されたものは、暗闇にうっすら朱色の火花がしだれ柳のようにふんわり広がる花火で、色も変わらない、星も光らない、ただ儚げに朱色の光線が軌跡を描くだけだったのですが、今もその映像が脳裏を離れません。江戸当時の花火は「鉄の粉や木炭を混ぜただけの暗い花火で、「和火」と呼ばれる」そうです。明治時代に科学薬品が海外から入ってから、鮮やかで明るい花火が作れるようになったとか。こんなテクノロジー三昧の花火大会の中で最古の江戸花火に感動してしまうなんて・・・少し複雑でした。来年はもう少し優雅な花火大会になることを期待して・・・。
by book-tokyo | 2007-08-19 19:22 | 呟き
「旅する人」以来、久しぶりの個展「森を抜けて」
個展「森を抜けて」

恐らく8年ぶりになる。久しぶりに個展を予定しています。暑さのせいなのか内心の混乱のせいなのか、時に頭の中が空白希薄状態に・・。

06年12月〜07年に展示制作してきた「Fruits」のシリーズを発展させた作品を制作中。自然という物語に添える、心象だけではなく色や構成のプロセスをイメージできる挿絵を描けたらと思っています。新作20点ほどの展示を予定しております。また詳細はHPやこのengawaにてお知らせいたしますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

会場 ASK? Art Space Kimura
期間 2007年9月3日(月)〜9月8日(土)
時間 11時30分〜19時
場所 東京都中央区京橋3-6-5 木邑ビル2F 
連絡 03-5524-0771
http://www2.kb2-unet.ocn.ne.jp/ask/

交通 営団地下鉄銀座線「京橋駅」2番出口より徒歩1分 
   都営浅草線「宝町駅」4番出口より徒歩2分
   JR「東京駅」八重洲南口より徒歩10分 (1階に南天子画廊あり)

9月3日 17時頃からオープニング&ギャラリートーク予定です。

*しばらくぶりなので、DMなどでのお知らせが不行き届きになる予感もございます。お知らせいただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

詳細はHP http://www.book-tokyo.comトップのNewsからどうぞ....
by book-tokyo | 2007-08-14 12:03 | works
ペルセウス座流星群
今年の夏も暑いです。60年代〜70年代に最高気温35度を超えるのは10年に1度だったのが、00〜04年代には年に2回の出現率(横浜市統計によれば)とのこと。今年は2回どころではないのでは・・・。人工的な涼しさを求める人の気持ちも判らなくはありません。我が家の天然クーラーは窓辺の木々ではありますが、さすがにヒートアップ気味。日中は木々と共にダウンしている私も、夜の新鮮な空気に精気を取り戻すことができる。森に感謝です。
さて思い立って出掛けた川岸で過ごす夜に、まさにオレンジピンクに輝く流れ星を見ました。毎年見られるというペルセウス座流星群のかけらでした。新月のお陰。ぼんやり眺めていても目が覚めるような明るさと大きさに、驚きました。最近は制作の合間に木々や森の観察で空を見上げていることが多く、改めて感じるのは、雲が流れる青空も緑陰から眺める梢も、そして都会の夜空も、眺めていて飽きないドラマがあって面白いこと。当たり前のような空の表情も、会話しているつもりになると突然、動き出すから不思議です。都心から少し離れた森の合間から見上げる夜空は、塵に反射する街のあかりや、それがこだまする山際などに表情があって面白いものです。
4歳になったばかりの姪が、遠くを差して「あの山に乗っかっている空」と言ったのも納得できます(笑)空は、彼女にとってもよっぽど存在感あるものなのかしらと思う。d0020310_21495681.jpg
by book-tokyo | 2007-08-13 21:50 | 呟き