ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
<   2007年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
フェミニズムアートの過去、現在、そして未来(女子美・杉並)
またまた、イベントのお知らせになってしまいますが・・・。
私は仕事があるため聴講できないのが残念。
どなたかいらっしゃいませんか〜。

【ジュディ・シカゴ氏 特別講演会のお知らせ】
『The Diner Party』は終わらない
Judy Chicago 講演会 HistoryからHertoryへ
- フェミニズムアートの過去、現在、そして未来

期 日 : 2007年7月24日(火)18:30~20:00(開場18:00)※予約不要
場 所 : 女子美術大学【杉並キャンパス】4401教室
東京都杉並区和田1-49-8 東京メトロ丸の内線東高円寺駅下車徒歩8分
 
アメリカを代表する世界的なフェミニズム・アーティスト、ジュディ・シカゴ氏をお迎えし、「HistoryからHertoryへ -フェミニズムアートの過去、現在、そして未来」と題した講演会をおこないます。
今回はシカゴ氏の代表作のひとつである「The Diner Party」がブルックリン美術館の永久設置となり、また熊本市現代美術館開館5周年記念展「ATTITUDE2007」に参加しその来日に合わせ、女子美術大学での講演会の運びとなりました。
全米を巡回中の「WACK!芸術とフェミニズム革命」展、あるいはブルックリン美術館のエリザベス・A・サックラー・フェミニズムアートセンターの開設と「The Dinner Party」の常設展示、そして「グローバル・フェミニズム」展の開催など、改めてフェミニズムアートの見直しが図られるときに、わが国における女子美術教育の拠点である女子美術大学での、フェミニズム・アーティストの象徴ともいうべきジュディ・シカゴ氏の講演会は、時期を得た貴重なフェミニズムアートの理解の場となるでしょう。多くの皆様のご参加をお待ちしております。
 
 
●Judy Chicago(ジュディ・シカゴ)
1939年、アメリカのシカゴに生まれた、フェミニズム・アートの先駆的アーティスト。フェミニズム運動が台頭した1970年代、ジュディ・シカゴは、フェミニスト・アート・プログラムを開講し、ミリアム・シャピロと共に、女子学生による作品で廃墟を満たした≪ウーマン・ハウス≫を制作するなど、アーティストとして、教育者として、フェミニズム・アートに大きな貢献を果たすことになった。
その代表作ともいえる≪ディナー・パーティー≫は、1辺13席のテーブルを三角形に配置し、各席にはサッフォーなど西洋文化において重要であるとシカゴが考える、歴史上の女性の名前が刺繍されたテーブル・クロスが布かれ、その上に女性器のイメージを源泉とする陶器の皿等が置かれたインスタレーションであるが、女性の役割を一方的に押し付けてきた男性中心主義の社会体制に対する批判が示されている。本年3月より、ブルックリン美術館のパーマネント(15年間)・コレクションとして、同美術館内のエリザベス・A・サクラー財団フェミニスト・アート・センターに展示され、その全貌を再び表すことになった。
 
お問い合わせ : 女子美術大学 広報入試課 Tel.042-778-6123d0020310_19272370.jpg
by book-tokyo | 2007-06-26 19:27 | art&...