ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
カテゴリ:旅( 60 )
2016 New Year Card
d0020310_11471080.png

by book-tokyo | 2016-01-01 11:47 |
謹賀新年2016
謹賀新年2016年

昨年中もたくさんの出逢い、気づき、発見に満ちた年でした。
お世話になったみなさま、ほんとうにありがとうございました。
本年も何卒どうぞよろしくお願い申し上げます。

今年は3月で16年目になる女子美術大学の勤めを退職し、新しい一歩を踏み出します。
おおきな節目でもありますが、これまでと変わらず、流れてゆく時間を丁寧にとらえ、日々の暮らし、自然とひととの対話、創造力に素直に耳を傾けてあげるこころの余裕を大切にしたい。

自然の色やかたちを、わたしたちの想像力がどう捉えているのか、どう説明し、意味づけしようとしているのか、ことしもフル回転して探検してゆきますよ〜。少しづつ、ブログにも覚書きしてゆこうと思っています。
尽きない探検、どうぞお付き合いいただければ幸いです。

繋がりあうすべてのひとたち(そしてその繋がりあう)の幸せをお祈り申し上げます。

(賀状、これから届きます。。寒中のお見舞いにて失礼いたします)
by book-tokyo | 2016-01-01 11:42 |
「みえないうみ」/See we Don't see.
パートナーであり写真を撮ることしかできないと言い続け、そうしてきた世利がベオグラードに続いてミラノで写真作品展をさせていただくことになりました。

「みえないうみ」/See we Don't see.

次はみえない、みえないうみへの航海中。それでも続けてゆく。
少し遠くから、視覚なのかな・・五感でかな・・次も観てみたいと思えることを、ひとつひとつ続けてゆく日々。
ミラノ大学のRossella Menegazzo氏のキュレート力のお陰なのか、画廊や教育機関も個人の考えに重きがおかれているからなのか、「いいね」となると次々とワークショップや対談、展示の企画が決まってゆく様子、文化の違いに驚きつつ、有り難く感じます。

わたしも彼も、苦しそうなヒトの傍らで、ちょっと美味しいものを差し入れしたり、お茶をいれたりするくらい・・淡々と日常を送るのが、我が家流です。

追い込み、頑張っています。。もし在ミラノ・ヴェネツィアにお知り合いの方がいらっしゃれば、ご案内いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

2014.11.18〜11.30 Area 35 Galleria d’Arte Contemporanea 
Via Vigevano 35, Milano 20144
2014.12.4〜 Guggenheim artschool, Venice

d0020310_23583436.jpg
d0020310_235953100.jpg
by book-tokyo | 2014-11-12 00:00 |
安曇野へ、松本へ
行ってきました。
安曇野へ、松本へ。
「森の住人」ワークショップ、「インタビューの教室」、そして「空中キャバレー」・・・
インプットとアウトプットがめまぐるしいのですが、不思議にどこか根底のところでつながり合っている体験だったのか、混乱もせずじっくりとそれぞれの出来事を、ブレンドしつつ、関係性を確かめつつ、日常の仕事、来週末からの展示、再来週の展示、最後に町田版画美術館での講座へ心身をシフトしつつあります。
安曇野ではすいれんの2日前産まれのお友だち&ママと「あづみのアルプス公園」。東京とスケール感の違う広大な森での遊びを満喫し(わたしは全身筋肉痛・・・)、自然科学教室的な体験館の充実度が素晴らしくて、夕暮れるまで一緒に堪能しました。

そして愉しみにしていた松本市民芸術館での「空中キャバレー」(串田和美演出・cobe音楽監督)・・・19世紀末パリ、新進気鋭の芸術家や詩人、思想家が集まり、独特の文化が産まれたキャバレー、そして市場や大道芸人が雑踏に埋もれながら生きる術を頼りに綱渡りしていた雰囲気・・・まさにそんな雰囲気に包まれた特設会場でのひと夜。開場すると入り口付近には松本の様々なアーティストや生産者のみなさんの出店、観客は誘われるがままに飲食や買い物を愉しむ。そこかしこでバンドや大道芸人が・・・ともかく大雑踏。そして幕開けの声と共に円形の劇場へなだれ込む観客・・・これが演劇と言っていいのか?、綱渡り、ブランコ、自転車乗り、ジャグリングなど・・・サーカス芸(本当に技と術で生きているひとたちのすごさ!)と芝居(物悲しい、時代に流されて生きる登場人物)が観客を巻き込んで繰り広げられた串田和美ワールド。
なんといってもcobaさんのアコーディオンがいい!断然にいい!観客に混ざって、あちらこちらで大道芸人たちと演奏、バンドマンたちと演奏、惜しみない演奏!
余談ですが、なんとすいれんはcobaさんに声を掛けられ名乗り、「いい名前だ、僕もこどもの頃はこんなタイツをはいていたんだよ、似合うね」と頭をなでてもらったのです!すてき。
さて、さて・・・こんなすばらしいひと夜を、人間はつくりだすことができるんだ、なんて素晴らしいのだと、ただただ感激。
「ひとには誰でも才能がある、その才能を放棄できない」とお芝居の中でのセリフ。
どんなささやかだと思っても、放棄できないモノに誇りを持って日々を生きる大切さを、芝居というフィクションと、俳優や芸人というノンフィクションから受け取ったように思います。
途中、お芝居が特設の見せ物小屋に舞台を移し、背景には春日千尋さんの勢いある格好い絵が。ポスターも春日さんですが、いいね、格好いいです、ほんとうに。
ありがとう!

感覚を研ぎ澄まして、素直にお互いの才能を感じ合うこと、認め合うこと、そしてそれが自分自身の感覚にも気付くことに繋がっている。
さぁ、しばらく自分自身の感覚との対話に専念します。

空中キャバレーのチラシ(春日さんのTwitterより)
d0020310_17115525.jpg
by book-tokyo | 2011-11-07 17:13 |
「森の住人になろう」
紅葉すばらしい浅間山の麓で過ごしてきました。
お泊まりワークショップ「森の住人になろう」(練馬区立美術館)
大小島真木さんの詩的で溢れ出る豊かな絵心と高須賀千恵子さんの魂のダンスに、参加した誰もが何かを表現したいというきもちを揺さぶられただろう2日間。
わたしも、今朝が始まった時、その前の日常からずいぶん長い時間が経ったように感じました。そのくらい私にとっては五感で感じた後に、脳がそれを反芻するような・・・情報量の多い週末でした。
各々がイメージの湧くままに作った仮面をつけて森を歩く、スケッチする、それだけでも面白いのに、そのスケッチに物語をつけて発表しあう・・・短い時間でなかば即興に近い行為。
子どもも、おとなも、必死に記憶の束をめくってはことばに、絵にしている様子を両隣に感じながら、わたしも久しぶりに無我夢中で仮面を作り、絵本を創りました。楽しかったぁ〜。
すいれんに向かい合って絵の描き方を教えても、かえって彼の集中力も想像力も萎えてしまう。一方で私が隣で真剣に絵を描いていると、どんどんと気持ちが高まって意味表現ではない、感情表現を絵にするようになることを思い出しました。
赤松や白樺の甘い匂いがただよう森を歩く至福の時間、それは自然のエネルギーを全身で感じること。ひとりでは戻ってこられなくなりそうな(帰りたくなくなる)エネルギーの中で、たくさんのヒトと交流できたのは「仮面」をつけていたからかもしれません。
面白い企画でした。
絵が描けない、難しいと漏らしていたお母さんたちも、最後は森での出来事や印象を見事に絵本に仕立てていたことに感動。それからまだ幼さの残る少年たちが夢中になって自作の絵本を発表してくれた様子が忘れられません。すいれんは、そのまま森の住人のようにきままに愉しんでいました。こんな非日常がもっともっとあちこちにあって、子どもと親が親しめたらいいのにと思います。(考えたい!)
すてきなアーティスト大小島さん、高須賀さん、美術館の真子さんはじめたくさんの出会いにも感謝。

森の管理人のおはなしを熱心に聞いている住人たち・・・
d0020310_23134479.jpg

by book-tokyo | 2011-10-17 23:18 |
タイマグラ
ずっと訪ねてみたかったところ、古い友が遠くからの手紙で、訪ねるように伝えてきたのも偶然ではないと感じていました。気になってHPをたぐってみると、タイマグラの住人はみな無事で暮らしているとの情報がアップされていました。良かった。
身重になって以来、なかなか腰も重たくなっていました…。ことしは訪ねることができるでしょうか。
どうかつつがなく遅い春をお迎えください。遠くから祈っています…。
by book-tokyo | 2011-03-23 23:54 |
Patio do Espinho_色
確定申告と、はじめての法人決算が重なり、想像したとおりあれもこれものこの頃です。早めにしようと思いつつなぜか空想の旅も忙しく2月も過ぎて。例年通りいただいた春のWebサイト更新作業もやってきて…。
ふぅ。懐かしいヒトの北京旅行ブログを覗いて、ちょっぴり散歩したくなりました。

マカオ、Patio do Espinhoの続きです。
聖ポール寺院は、マカオ島を見渡せるような小高い丘にたち、ポルトガルの威光に島が輝く時代に建設が進んだものの火事で本堂は焼失してしまっています。そのほんの少し裏手に広がる集落には、建設に携わった日本人も住んでいたそう…
古い小さな住居は、どことなくエキゾチックで形容しがたい色が溢れていました。

d0020310_1734061.jpg

d0020310_17342523.jpg


マカオは、ほんの少し霧のかかったような、とてもしっとりとした大気に包まれたところです。
d0020310_17351424.jpg

by book-tokyo | 2011-03-08 17:35 |
Patio do Espinho_04
Patio do Espinhoの4枚目から。
有名な聖ポール寺院門跡の裏にひろがる茨林ワイ(くにがまえに偉の部首)からの眺め。歴史の波の中で日本から移り住んだ日本人が掘ったといわれる井戸がある古い集落。華やかな聖ポール寺院門跡側からは想像できないほどの細い路地と軒の低い古い住居が集まっている。はじめて迷い込んだ時は、しばし立ちすくんでしまったほど。今回も、何度か抜けてマカオの歴史を五感で味わったように思います。

奥は、聖ポール門跡。ふもとの階段は、様々な国から訪れた観光客で覆い尽くされています。手前トンネルを抜けたすぐ左には、道教の寺院。こちらも古いもの。中国民間信仰の神様・ナーチャをまつった小さな廟。柿山ナーチャ廟。旧正月ということもあって、お参りのヒトが絶えず…可愛らしい女子高生?のような母子がお祓いしてもらっていました。

d0020310_15503148.jpg
by book-tokyo | 2011-02-21 15:50 |
WorkStyle in Macau... Oh!
WorkStyleその2弾。
風景を共有して、一緒にOh! このふたりの目の前に、韓国から来たツアー客の観光バス。
マカオの旅の数日前までパートナーは韓国にいたので、すいれんはすっかり韓国が気になっている様子。いたく反応していました。
私はあちこち眺めて歩きながら、時々このふたりにどんとぶつかる(笑)

d0020310_15363181.jpg
by book-tokyo | 2011-02-21 15:36 |
WorkStyle in Macau
パートナーは、子がいてもやはりカメラと一心同体。時々心身ひとり風景に没頭して、遭難(私か彼か)することもまちまち。好奇心旺盛同士は、遭難しても記憶の糸をたぐって直前に会話した目的地あたりをうろうろしている間に再会できるというテクニックを持っています。お互いに好きなものを手に持って(笑)
さて、それにすいれんも加わった今回の旅。とはいえすいれんにはまだ上記テクニックが無いためやむを得ず「肩車」が頻繁に登場。ふたりで風景を共有していました。

d0020310_15313953.jpg
by book-tokyo | 2011-02-21 15:32 |