ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
実験から産まれるもの
初夏に、ワークショップの講師をさせていただくことになりました。参加しているISTA(科学芸術学際研究所)が受けた、東芝科学館での連続WSの第二回目。「自然観察からアートへ」(仮)ようやくレジュメとチラシ用画像を提出しました。
思い浮かんだイメージを絵に、物語にすることを少しだけ離れる実験を始めて、もう数年経ちました。造形譜(arsnote)という造形をかたちづくるプロセスの記述、またその記述された譜を再解釈することで新しい造形を可視化すること、などに取り組んできましたが、描き出すまでに大変な時間のかかる一連の造形制作に取り組んだこと、アウトプットの瞬間までコンピュータ上で行う作業であること・・・などなどからこのところやや足踏みしていました。
今回のWSは、手を動かし実験・考察することで気づきを得る、造形表現に結びつけるという点で、とてもすてきな運動になりそうです。
詳細はまだまだこれからですが、今回のWSでは、材料の「濡れ」具合を観察し、濡れる、濡れない部分を利用して自然のかたちを版画技法で表現してみようと思います。版画の中でも、特にリトグラフは科学反応によって石の表面に親油性・親水性をつくり、油性のインクを載せて紙に刷りとるため、木版や銅版画のように目で見ても判りにくい技法です。紙などの材料を、親水性・非親水性を意識しながら使い分け、新しい版画技法を試してみたいと思っています。

他に、幾何学形体を意識しながら作成する万華鏡WS、ポップアップブックWSなど、興味惹かれるWSも予定されています(私もアシスタントで参加予定です)
ぜひ親子でご参加ください。詳細はまたお知らせいたします。
実験やプロセスを重視して、ひらめきを捉えること・・・もちろんコンピュータ上での制作にも必須です。イメージトレーニング、会話でも、料理でも・・・日常の中でもどんどん出来そうです。
by book-tokyo | 2012-04-16 00:44 | in art in science
<< 失うことを知ること 湧きおこる詩心 >>