ayako tsuboyaのブログ
by book-tokyo
engawa
2008年、とりとめなく続く毎日に、こどもの視線や息づかいが加わりました。
そこに在ることをどのように見出すかによって環境や認識、はたまた自分自身と生き物の在りようが変化する。その在りように、どう向かいあいましょう。
アート&デザインwithサイエンスの日々のメモ。

暖かい新聞紙の様なノートを縁側に敷きました。旅するみなさま、しばし腰を降ろしていってくださいまし。


HP:book-tokyo.com
カテゴリ
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 04月
2016年 01月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 01月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 01月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 01月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
横浜理化学研究所公開日
日本各地にある理化学研究所のひとつ、横浜研究所の公開日があるというので、a Lab.のメンバーと訪ねました。朝9時45分始発のマイクロバス乗り場は、30分に到着すると既に長い列。正直驚いてしまいました。
横浜研究所はゲノム科学統合研究統合センター、植物科学研究センター、遺伝子多型研究センター、免疫・アレルギーセンターの四つの研究所が中心となっています。
ヒトゲノム解析がひと通り終わって、次はそれぞれの働きを理解するための研究が始まっています。DNAの塩基配列の違い(人間ではあるという範囲の微妙な・・)がひとりひとりの違いに反映されているといわれています。ほんの少しだけ異なる要素を持っている、持っていないだけで、他の生き物のもつ配列となるようなくらいであるのに・・・。
ポストゲノム解析でどんどんとあきらかになりつつあるタンパク質の立体構造を表す図や、結晶化されたタンパク質の美しさは初めて知りました。
ゲノムは、生命活動の基本であるとされていますが、これからどこまで解明されていゆくでしょう。解明され尽くしても不明なままの残されてしまうスポットがあるならば、あちらとこちらを、いったりきたりしてみたいと思います。

私たちは、これまで「目に見える」樹木や花、海や空、生活を描いてきたように、「新しい光によって見えてくる」モノやコトをどのように描いてゆけるだろうか。感想は山ほどありましたが、また少し時間をおいて書きます。
by book-tokyo | 2005-06-26 22:12 | in art in science
<< 生命現象の担い手・・? 「アート・芸術」という行為 >>